Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『ボヘミアン・ラプソディ』

この週末にやっと『ボヘミアン・ラプソディ』1回目鑑賞

予告編を観たときから絶対2回は観るぞ〜!と決めてましたが、こんなに世界的に公表になるとは思いもよらなかった!

 

 

まあとにかく胸アツ!!!

 

 

という興奮しかない!

色々考えるよりとにかく興奮!という1回目でした

 

 

そんなカンジで1回目の感想いってみます〜

 

 

 

 

 

※以下感想です

 ネタバレありですのでご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはFOXのロゴが出ただけでテンション上がる〜

 

普通のファンファーレではなくて、QUEENサウンドなんですもん

 

 

そしてSOMEBODY TO LOVEで本編スタート

 

この曲がQUEENの中で一番好きなので、もう一気にボルテージはMAXへ

 

 

QUEENに詳しくない年下の人たちでも、あの曲もこの曲も聞いたことある!ってなるんじゃないかな?と思えるくらいベスト盤のような選曲

 

ボウイとのUNDER PRESSUREも使われていて

(冒頭、シルエットだけで顔は見えないけれど、名前を呼ばれる前にそれと気づくカンジでボウイも出てくる)

ポールと決別し、自らのホームを取り戻す場面を象徴する曲として使われる

 

 

BOHEMIAN RHAPSODYのコーラスのオーバーダビングの光景では「やっぱりこうやって曲が生まれたんだよね!」となり

WE WILL ROCK YOUでは勝負に向かう気持ちになり

WE ARE THE CHAMPIONSでは大きな気持ちになる

 

 

もうね、ずっと一緒に歌ってたくなるんですよ!!

 

これは応援上映ウケるのわかる

よくある”字幕版””吹替版”のようなカテゴリとして、映画館で1日1回とか応援上映もやってくれればいいのに

 

 

メンバー4人が似すぎ

よく見つけてきたなぁと

 

そして、なりきりっぷりもすごい

 

ライヴ映像やMVが残されているだけに、ここまで瓜二つな動きまでに仕上げるのは相当緻密にリハーサルを重ねたんだろうなって思う

 

 

役者さんもすごければ、スタッフさんのこだわりも

 

家ではキモノで過ごし、柱には金閣寺のお札が貼ってあって

 

フレディの日本愛も描かれているのは日本のファンとしては嬉しい

 

 

 

 

とまあ、まとまりなく、終始興奮ばかりでした

 

リピートしてストーリーもいろいろ追えたらと思います

 

 

  • 2018.11.26 Monday
  • 23:03

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 23:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback