Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『グレイテスト・ショーマン』

『グレイテスト・ショーマン』、2回鑑賞しました

 

ということで、感想です

 

1回目は初日に観たんだけれど、帰宅して即iTunesでサントラ購入

車の中でも、家の中でも時間あらばリピートしております

 

 

 

 

 

 

※以下感想です

 ネタバレありですのでご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も何度も予告編で観たアノ場面、てっきりクライマックスだと思っていたら、いきなり冒頭からきますよ〜!!

 

そのThe Greatest Showの音楽が始まった途端に

 

こういうヒュー様を観たかったんだよー!!!

 

と胸にドンピシャでくる

 

これだけでも十分満足

 

X-MENでファンになった頃から、「彼はX-MEN以前の本国ではミュージカルスターだったというし、トニー賞だってもらってるんだし、ムキムキキャラだけじゃなくて、この爽やかさとキラキラさを生かして、フレッド・アステアやジーン・ケリーのMGMモノのリメイクなんかをやってほしいなぁ」って思ってたんですよね

 

『レ・ミゼラブル』もミュージカルスターの本領発揮ではあったけれど、暗い作品よりもこの人の持つキラキラしたスターな部分が生きるハッピーなミュージカル映画を創る人はいないのか!と改めて思ったり

 

ファンになった頃に思っていたリメイク物なんかじゃなくて、”ヒュー・ジャックマンだからこそできる”オリジナルミュージカルでキラキラなブロードウェイスターな彼を堪能できる日が来るなんて・・・待ってました!!と本当に大満足

 

 

P・T・バーナムについて調べてみると、実際には映画では描けない色々もあった方のようで・・・

『SCREEN』の劇評で「物語はフィクションと割り切って”舞台人 ヒュー・ジャックマンを楽しむ映画”」というようなことが書かれていたけれど、それでいいと思う

 

どこかのインタビューで「48歳になってこんなに歌って踊ってはしんどい」みたいなことをヒュー様は言っていて、確かにあと10年早ければそれはそれで大恋愛モノのミュージカル映画なんかもできたかもしれないけれど、舞台を生でみることができない異国のファンの立場としては、これからもミュージカル映画もやってほしいなぁと思わずにはいられません

 

 

 

時間的にも100分くらいというちょうどよさで、山あり谷ありだけれど最後はハッピーなサクセスストーリーで

そういう点ではわかりやすい展開という人もいるかもしれないけれど、成功のために手段を選ばない部分と、それでも心の中の葛藤に寄り添いながら観るとよいのかな

 

”成金”であって”上流階級”ではないという見えない壁

ジェニー・リンドはその気持ちを知っているから、だからバーナムも彼女の興行に乗り出すのかなと思ったり

 

 

ダンスに関してはダブルかなという余計なことを考えてしまったけれど、ミシェル・ウィリアムズがあんなに歌えるとは思わなかった

 

学園ミュージカルのイメージが強かったザック・エフロンがしっかり大人の男性だったり

 

せっかく吹き替えだったら、キャラクターの設定らしくジェニー・リンドにはオペラを歌って欲しかったなぁ・・・(この曲だとオペラの歌姫という設定よりもどちらかというとセリーヌ・ディオン系だったのがちと残念)

 

ゼンデイヤは『スパイダーマン』に続いて心のうちにあるクールなカンジがgood、これでファンになったよ

 

 

音楽はどれも捨て曲なし、もちろんThe Greatest ShowもThis Is Meも圧巻!

 

個人的にこーゆーサウンド好き!!というのはRewrite the StarsとThe Other Side

 

 

何回リピートしてもこの迫力とドキドキは止まらないんだろうなという作品でした

 

 

 

 

 

これは舞台人の推しがいる方ならそういうことを考えた方は多いのではないでしょうか

 

1回目に観たとき自分は冒頭のThe Greatest Showがサビに来て盛り上がったときにはすでに耕史クンが観えていました

 

これを舞台でやる耕史クンを妄想しながらずっと観ていた

 

The Other Sideでショットグラスを操りながらバーの中を所狭しと動く姿が想像できたり、From Now Onで大事なものに気づく瞬間なんて『メンフィス』でのMenphis Lives In Meに匹敵するんだろうなぁって思ったり

 

舞台人のファンの数だけ、推される役者さんの数だけ、この妄想は存在するんだろうなぁなーんてことを考えていました

 

 

 

 

 

  • 2018.03.06 Tuesday
  • 23:34

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 23:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback