Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『パーティで女の子に話しかけるには』

1月が終わる前になんとか更新

 

耕史クンが登壇した作品ということで観たい作品リストに入っていた『パーティで女の子に話しかけるには』少し前に鑑賞できました

 

 

 

パンクが中心らしい

ヘドウィグのようにけっこうエグいのだろうか・・・???

自分がこれまであまり手を出さなかったテイストの作品なのかも・・・???

 

などなどドキドキしながら鑑賞開始

 

 

 

 

 

※以下感想です

 ネタバレありですのでご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭からガンガン雰囲気を引っ張るパンク音楽

 

終わってみたら気持ちいいくらいに青春っ!!なパンク

 

 

 

ザンとエンがライブハウスでシャウトする場面、曲もすごくカッコイイし、キラキラしていて

 

48時間というタイムリミットがあることを見ているこちらも知っているから、ふたりにこのときがずっと続いてくれればいいのにと思ってしまう

 

それくらいハイライトな場面でした

 

 

エンドロールの楽曲も印象的

 

日本にルーツを持つ方のようですね

 

 

パンク映画でありながら、コロニーの人たちは出で立ちも音楽もボウイ様を彷彿とさせるようでもある

 

あの超音波のような音楽も、カラフルで光沢のある衣装もDavid Bowie isで流れていたり展示されていても違和感ないというか・・・

 

コロニーの人たちの外套?はユニオンジャックだし・・・と

 

無意識のうちに広がっている英国におけるボウイ様の影響の浸透度を垣間見たかのよう

 

ちなみに、エンたち人間もコロニーの人たちもスタイリッシュ〜と思ってたら、ハズレなしのサンディ・パウエルが衣装を担当していたのですね

 

 

ボディシーアがかっこいいよと思ってたら、しばらくしてから中の人がニコール・キッドマンであることに気がついてビックリ

 

『ペネロピ』におけるリース・ウィザースプーンとか、このテのカッコイイねえちゃんキャラって個人的には好きなもので(^^)

 

突撃の場面なんか「そうこなくっちゃ」って思ったもんね

 

 

・・・48時間しかないんだから

 

という思いが

 

もしかしたら48時間の壁を取っ払って永遠がもたらされるのかも・・・

 

という期待に変わり、さてどうなる?

 

永遠は結局夢だったのだ・・・と切なくなりながらも、エピローグに希望があってよかった

 

新たなコロニーを生み出したザン

親が子を食べてコロニーを維持することへの疑問を抱いた彼女だからこそ、親となっても子を食べることなく、でも、子が増えることでコロニーに危機がもたらされないようにうまくやっているのだろうな

なーんてことを考える

 

少し救いのあるラストに、楽しかった〜と思いながら席を立つことができました

 

 

 

  • 2018.01.29 Monday
  • 22:47

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 22:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback