My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< 『たかが世界の終わり』 | main | 『SINGIN' IN THE RAIN』(2017.04.23 マチネ) >>
『SINGIN' IN THE RAIN』(2017.04.10公演)
0

    昨日はシアターオーブで『SINGIN' IN THE RAIN』鑑賞

    雨の中をドキドキワクワクしながら出発とまさに雨唄日和

     

    iPhoneImage.png←雨空なのが伝わるかな?

     

    2014年の来日公演を縁あって観劇し、こんなにも重力を自由自在に操り、劇場の空間を全て支配するダンサーがいるものなのか!そしてロンドンのロイヤルバレエ団のプリンシパルにまで上り詰めたバレエの才能だけではなく、歌って演技までしてちまうとはアダム・クーパーという人間のエンターテイナーぶり恐るべし!と一気に引き込まれてしまったのでした

     

    またチャンスがあればアダム・ロックウッドにお目にかかりたいものだけど・・・そんなことはおこらないのかな・・・とあの一度の感動を大切にしていようと半分諦めていたらなんと再演ということで、なにがなんでも観に行きますよ!!ということでついにこの日

     

    iPhoneImage.png

     

    iPhoneImage.png

     

    iPhoneImage.png

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    前回の観劇直後にCDをDLして、車の中とかでちょこちょことたまに聴いていたんだけど、割と細かいシーンとかはあんまり覚えていなくて、ここでこういう場面があったか〜というカンジで

    ある意味で初めて観るような新鮮な感覚になることができました

     

     

    席は1階席前方真ん中ブロック、ちょうど1階席の真ん中くらいだったのですが、舞台も字幕もよく見える

    役者さんはこういう表情をしながらこのセリフを言うのか〜と演技の細かい部分まで目にすることができてなかなかいい席

     

     

    これは前回も感じたことなんだけれど、コズモのキャラクターが実はこの作品の出来を左右しているのではないかと思う

     

    とにかくどんな場面もキラキラとスタートして存在しているドンや自分中心でキンキン声をあげているリナに対し、場面に応じて押したり引いたり、縁の力持ちになったり、ストーリーをかき回したり

    Make 'Em Laughでのアクロバティックなアクションに代表されるように、様々な引き出しも用意していなければならない

    器用すぎる三枚目キャラというのかな

     

    それでも、ドンの1番の親友であるという自然体さ、安心感も必要で

     

    オリジナルキャストだからこそなのかもしれないけれど、縦横無尽に大活躍するこのコズモを観れるのも嬉しいことなんだなと感じる

     

    そう思うと蘭とむさんのコズモってのも気になってしまう

     

     

    Good Morningの場面はやっぱり大好き

     

    物語に伴う登場人物の高揚感が伝わってきてこちらも気持ちが踊り出すし、ダンスナンバーとしてもリズミカルにさまざまな振り付けが繰り広げられて

     

    3人の息遣いが伝わってくるショーストップもこのナンバーだからこそ!

     

     

    そして雷がゴロゴロ・・・

     

    メインの雨に唄えばの場面ですよ!!!

     

    Good Morningから立て続けに踊り続けるアダムのハードさに改めてびっくりしつつもとにかく堪能です

     

    2014年のときには、とにかく彼の踊りのキレにクギヅケになったものです

    こんなにも重力と無縁にステップで流線型を描くダンサーがいるなんてそれでいて軸はブレなくて、濡れなんてなんのそのでこれだけ踊るなんて、と技術の凄さが印象的でした

     

    今回は、いかに水と戯れているかというのを感じました

    シンプルな振り付けながらも、いかに水をとばすか(!)というカンジ

     

    もちろん、流線型を描くステップは健在で、それこそfigureという単語の意味を感じさせられ、少年のような表情で客席へ水を飛ばすときだけじゃなくステップから飛び散る水さえも遊び心がつたわってくるかのようで

     

    もうね、これが観れて、幸せな気持ちになる

     

     

    それまでは悪女ポジだと思っていたリナにも幸せになってほしいと思うようになったのは自分も多少は大人になったのだろうか?

    (なんだかんだでカーテンコールの場面にいて「出てください」という男性が似合いそう)

     

     

    カーテンコールでは撮影OKということで、少し撮ってみました

     

    iPhoneImage.png

     

    iPhoneImage.png

     

    iPhoneImage.png

     

    iPhoneImage.pngアダム・クーパー、カメラにおさめました!

     

     

    Broadway Balletの場面の冴えない君であっても、カーテンコールの揃いの衣装であっても、大勢の中にいても放つオーラいプリンシパルの天性の華を感じ取り

     

    シンプルな振り付けでもしっかり指先まで伸びた神経と、軽やかな身のこなし、しっかりした軸に、パートナリング(とくにBroadway Balletでつぎつぎ相手が変わるところとか)の巧さ

     

    やっぱりアダム・クーパーは"スーパーダンサー"だ!!と改めて感じました

     

     

    せっかくのこのチャンス、ということでもう1枚チケットをとりました

     

    もしかしたら今度は多少水が飛んでくるかも?

    ちょっとドキドキです

     

     

     

     

    | LIVE | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:31 | - | - |









      http://aile-27.jugem.jp/trackback/939
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ