My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< 『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 | main | 『リトルマーメイド』(2017/02/07東京公演) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    『ドクター・ストレンジ』
    0

      週末は『ドクター・ストレンジ』観てきました〜

       

       

      映画館にポスターが張り出され、予告編を目にしたときから、英国男子なベネ様がマーベル作品に出るなんてという驚きと不思議なカンジと、どんな作品か気になるワクワクとで楽しみだった一本

       

      ほとんど予習とかせず、何度か目にした予告編の記憶だけを携えて映画館へgo

       

       

       

       

       

      ※以下感想です

       ネタバレありですのでご注意ください

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      結論:ティルダ様に注目な映画でした

      ※感じ方には個人差があります

       

      前段階が終わり、エンシェント・ワンが登場した瞬間、ストレンジの心境の変化とかクリスティーンの可愛らしさとかいろいろなことが霞んでしまうくらいに

       

      これぞ!ティルダ・スウィントンなキャラクターで登場してきたなぁ〜

       

      と唸ってしまいました

       

      老けメイクだとか特殊メイクだとかするのが好きな人だけれど、はてまたボウイ様と同一人物説まで噂されてしまうような、素顔のままでも十分に年齢不詳で性別不詳で、それでいてとっても綺麗(だからいつも特殊メイクとかするのが勿体無いなぁと思ってるんだよね)

       

      エンシェント・ワンという人物がどれだけの時間をどのようにして生きてきたのか、何者なのか、人間なのかどうかさえ怪しくなってくるあのカンジがすごくよかった

      そしてやさしく柔らかそうに見えて、実は・・・という山場にうまく繋がっていってたなぁと思う

       

      登場するとすべて持ってかれちゃって、修行に集中できなかったです(^^;)

       

       

      さて、本題

       

      一度にひとつしかつけないのに、そんなに腕時計ばっかり所有しててどーすんだよーとツッコミたくなってしまう超セレブなストレンジが絶望の底に突き落とされ、そこからヒーローになるまでのお話なわけですが、個人的には「ヒーローとして」っていうカンジが弱いのかな・・・とも思ったり

       

      まだこの作品の中では、自らが天才外科医として手の感覚を取り戻すことを目標にしている人物として描かれているからかな?

       

      他の作品と違って、市民たちには知られていない存在だからというのもあるのかな

       

       

      悪役は安定すぎるマッツ様

       

      目の周りがヘンな悪役ということで、ル・シッフルを思い出す

       

      別に悪役専門俳優ってワケじゃないんだけれど、とにかく観ていて何の不安もない、期待を裏切らないマッド悪役っぷりがむしろ安心できる段階にまできている

       

       

      予告編を見たときから感じていたけれど、『インセプション』を思わせる視覚効果

      そこにSF映画のような合成

       

      IMAXや4DXを意識して創られたんだろうけど、2Dでも十分に目が回りそうです

       

       

      もちろんマーベルお約束のエンドロール後

      しかも1回じゃないよ

       

      ということで、場内が明るくなるまで席を立たないように!!

       

      ・・・ってストレンジはこれからも登場?!

      次はロキ様と共演?!

      というかベネ様とロキ様の共演映画ってどこのイギリス映画じゃい!といろいろ妄想膨らみます

       

       

      そして、本編前にスパイダーマンの予告編が流れていてはじめて目にしたのですが、スパイダーマンの映画というかウチには社長さん映画にしか感じられなかった(笑)

      あれだけ俺様だった社長さんが若いヒーローを導いているよ〜と思ったけれど、実際は相変わらずの傲慢さなのかもね

       

      こちらも楽しみ

       

       

       

       

      | 映画 | 22:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:52 | - | - |
        私も観てきましたストレンジ!

        エンシェントワンを演じてた方の名前をこちらの記事で初めて知ったんですが、ググってみたら56歳!!?
        …本気でビックリしました。美人で武人すぎる…。
        作品の雰囲気高めてましたね〜。

        あの万華鏡のようなCG、映画通の方はcynthiaさんと同じように「インセプションに似てる」と書かれてましたが、私は未見だったので単純にサイケな世界すごい!!と感動してしまいました。
        ノーランも観るか…。

        それとMCU作品を結構見慣れたせいか、次の「インフィニティ・ウォー」でストレンジ先生がどんな絡み方するのかな〜?とか考えながら観てましたよ!
        ロキ様とのイギリス俳優共演楽しみですね!
        マーティンさんも出るのかなぁ…?
        | あきなか | 2017/02/21 12:23 AM |

        【あきなかさん】

        コメントありがとうございます!!
        そしてお返事遅くなって申し訳有りません・・・(大汗)

        しばらくマニアックな作品世界を渡り歩いていましたが、感想を書き始めるも中途半端に途中までで切り上げてしまっていて未完成ばかりになってしまっていました

        ティルダ・スウィントン、そんな年齢だったんですね〜ビックリ
        本当はあと20歳若いんですと言われても信じちゃうかも
        はっきりこの方を認識したのはそれこそこの映像作品( https://www.youtube.com/watch?v=gH7dMBcg-gE )ですが、冒頭のオバチャンから後半で素顔になってこんなに美人さんだったのか!と感じたのを思い出しました
        エキセントリックな役を好む人なので最強の武人は「らしいなぁ」と思いつつ、この人が持つたまに顔を見せる女性らしさが、エンシェント・ワンとしての大きさに味を出していたような気がします

        ノーランほど難解な万華鏡ではなく、カラフルでダイナミックなサイケな世界でしたね

        マーベル作品も、アメコミ映画なのにどんどん英国男子が侵食していって、個人的にはウホホッってワクワクしてしまいますよね
        そしてどんどんやめられなくなる(^^)
        今日行った映画館では次のスパイダーマンの予告編がリピートされていましたが、やっぱり社長さんにばかり目が行っちゃいました
        | cynthia | 2017/03/27 10:45 PM |










        http://aile-27.jugem.jp/trackback/928
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ