Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

映画

『ハドソン川の奇跡』

『ハドソン川の軌跡』鑑賞

 

イーストウッドが描く実話ということで、ハズレなしな期待からチョイス

 

”ハドソン川の奇跡”のこと自体は、その瞬間の映像(We Weren't Born To FollowのMVにも使われてるよね)とその後機長が英雄視されて間も無い大統領就任式とかにも呼ばれたという、”直後”のことは知ってるんだけど、ポスターのコピーにもなっている機長が疑われてしまう部分というのは知らなかったのでどんなドラマが起こるのか・・・とドキドキ

イーストウッドのことだから超シリアスな重たい映画かな・・・と少し構えてしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

※以下感想です

 ネタバレありですのでご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

シリアスながらも、そう見せるか!という旺盛と1時間半程度という尺であれこれを詰め込むことなくスッキリ仕上がっている

 

冒頭、ここから”ハドソン川の奇跡”があって、主人公が疑われて・・・となるのかな?と思いきやそれは夢で

 

あの208秒に何が起こったのかは物語の展開を追いながら明らかにされる、それも2回も繰り返されて

こういう見せ方をする作品ってはじめてだったから、新鮮でもあり、自分がその場に立ち会っているかのようでもあり、終わった時にはぐっと見応えを感じました

 

 

冒頭の夢やビルの高層階で頭をよぎる”まさかのとき”

 

飛行機だけじゃなくって、ものを動かす仕事をしている人ってみんなこういうプレッシャーを抱えているんだろうな

 

 

事故調査委員会の場面はアメリカの裁判映画を観ているかのよう

 

シミレーションを17回も練習したことを暴き

”そのとき”に彼らがたどった動きをなぞるのではなく、同じように状況を理解する35秒のロスを設けること

 

いかに自分たちの行いを立証するか

 

学生時代はゼミでアメリカの裁判映画を見る機会が多かったのですが、その感覚を思い出しました

久々にこういう自らの主張を有利に持っていくかで、「おー、そうきたか」「よしっ!」って手に汗握りましたよ〜

 

 

事故調査委員会でフライトレコーダーの音声が流れた(観客にとっては2度目の”208秒”)後の休憩

 

ここでのサリーとジェフの「勇敢だったよなぁ」と言い合う場面がとても印象的

 

1度目の”208秒”の後はその後の救助の展開までが描かれたんだけど、ここでは登場するすべての人物の強さが一番印象に残ってたもん

 

声を揃えて体勢をとるよう指示を出す乗務員

状況がわからないながらも互いに手を差し伸べあいながら脱出する乗客

救助に向かう船舶やヘリ

冷静に操縦をするサリーとジェフ

 

サリーとともに機内を見てまわるジェフや乗務員に脱出するよう促し、自らも促されて最後に機体を離れるサリー

すべての乗客の安全を確保するまでは離れない、教科書に載っている当たり前のことだとしてもスタッフの勇敢さにグッときていたんだよね

 

ラストのサリーのセリフそのまんまだけど、すべての人たちの勇敢さを称えたい気持ちになるシーンでした

 

 

もしウチが飛行機に乗ったことの無い人間だったら映画の中の物語として捉えて終わっていたかもしれない

 

札幌にいた頃は年に数回飛行機に乗っていたので、バードストライクなんていつ何時起こるかわからないと思うと、他人事には思えなくて

 

救助に来た船舶のクルーも、船だっていつ助けてもらう側になるかわからないからこその迅速お互い様な助け合いなんだろうなと感じたし

 

 

物語を締める一番最後のジェフのジョーク

 

ハービー・デントとかシリアス系もありながらも、個人的にはアーロン・エッカートって軽いテイストの作品の印象も強いので、最後にらしいセリフ言わせたなぁとニヤッとなりました(笑)

 

  • 2016.09.30 Friday
  • 23:14

-

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • 23:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
クリント・イーストウッド監督作ってコトでまぁテンポがイイ。 起承転結全てがもうサックサク。 でも駆け足感はないし、90分の短さなのにとても充実している。 早い展開で飽きさせ ...
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2016/10/02 12:24 AM
□オフィシャルサイト 「ハドソン川の奇跡」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 トッド・コマーニキ□キャスト トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー■鑑賞日 9月25日(日)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、
  • 京の昼寝〜♪
  • 2016/10/02 8:47 AM
命が救われた気分を味わえる映画。  
  • Akira's VOICE
  • 2016/10/02 10:20 AM
凄い感動した。。。 「155人の命を救った」と英雄扱いされてる裏で 機長の判断は正しかったのか? 片方のエンジンは故障してなかったのでは? 危険な緊急不時着水をしないで 引き返したら滑走路に着陸出来たのでは? 「155人の命を危険にさらした」 と追求さ
  • ♪HAVE A NICE DAY♪
  • 2016/10/02 12:08 PM
後に“ハドソン川の奇跡”と呼ばれることになるUSエアウェイズ1549便不時着水事故の機長チェズレイ・サレンバーガーの著書『機長、究極の決断』を下にした映画。 いやぁ、あの奇跡の後、サレンバーガー機長がここまで厳しい追求を受けていたとは、寡聞にして知りません
  • 勝手に映画評
  • 2016/10/02 12:12 PM
[ハドソン川の奇跡] ブログ村キーワード  世界中を驚愕させた実話をトム・ハンクス主演で映画化。「ハドソン川の奇跡」( ワーナー・ブラザース)。メガホンを取ったのは、クリント・イーストウッド。いやあ〜、この人やっぱり凄いわ〜!  2009年1月15日、
  • シネマ親父の“日々是妄言”
  • 2016/10/06 1:39 AM
 『ハドソン川の奇跡』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クリント・イーストウッドの作品だというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、機長の「離陸する」の声。それから「操縦不能」「ラガーディアに引き返す」「低すぎる」「もう少しだ、頼むぞ
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2016/10/11 8:58 PM
実は当ブログ、たまたまNYで この現場に居合わせてしまった。 その様子は当時、以下のようにレポート。 NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (1) NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (2) NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (3) この調
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2016/10/23 7:51 PM
まだ書き足りないことがあったので、現場リポート(総論2)です。 前回では、アメリカならではというか、NYならではの「ボランティア精神」についてテーマとしていたが、気になっていたことがある。 当日事件後、現場を離れて(救出活動はほぼニュージャージ側で
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2016/10/23 7:52 PM
24日のことですが、映画「ハドソン川の奇跡」IMAXを鑑賞しました。 乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失い、機長は必死に機体を制御し ハドソン川に着水に成功 全員が事故から生還し サリー機長は一躍 英雄として称賛されるが、その判
  • 笑う社会人の生活
  • 2016/11/19 9:50 PM
縁あってジャパンプレミアに参加することができた。今回も又舞台挨拶の写真撮り放題で、更にラッキー!最近のSNSなどが大流行りの時代に、効果的にインフルエンスさせるには写真及び動画が最適ツールだと主催者が認識した結果なのかどうかは判らないけれど。肖像権が大
  • ここなつ映画レビュー
  • 2016/11/21 12:57 PM
SULLY 2016年 アメリカ 96分 ドラマ 劇場公開(2016/09/24) 監督: クリント・イーストウッド 『アメリカン・スナイパー』 製作: フランク・マーシャル クリント・イーストウッド 出演: トム・ハンクス:チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー アーロン
  • 銀幕大帝α
  • 2017/02/02 10:06 PM