Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『SHERLOCK 忌まわしき花嫁』

早速『SHERLOCK 忌まわしき花嫁』を観てきました〜

待ちきれなくて、初日に
公開日に映画を見るってそんなにしないんですが、館内は女の子のグループもシャーロキアンと思われる男性もお客さんいっぱいのイイ埋まり具合で熱気がありました

ポストカードもいただきました

iPhoneImage.png







※以下感想です
 ネタバレありですのでご注意ください








 








まずはメイキング的にセットのご案内

そして本編が始まるのですが・・・

シーズン3を見直してからの鑑賞をおすすめします

おすすめしますというより、そうしてください!!
見はじめてしばらくすると、全部の予習は無理でもシーズン3は時間を確保して見直して予習しておくんだった・・・という気持ちが強くなりましたもん

まあ2人の出会いの場面とか、シーズン1から見てる人にはニヤッとなるポイント多めなので、全部見る時間がある方はすべて予習されるのがいいかと


個人的にはシーズン3の着地点ってなにがいったいどーなってるんだ?!と消化できなかったのですが、これを見てひとつに繋がる
ヴィクトリア朝を舞台にした別物語でありながらもシーズン3を完結させるエピソードでもあると思います

現代版は”シャーロックとジョン”だけど今回のお話は”ホームズとワトソン”ってカンジかな



SHERLOCKのシリーズはシャーロックとジョン(あえてホームズとワトソンではない)のキャッキャしたかわいい関係ですが、こちらは

ワトソンという父とホームズというひねくれた息子の関係

に見える(爆)

「恋はいいものだぞ」「感情に生きてみろ」「クスリはやめなさい」などなどお父さんが息子に社会での行き方を教えているかのよう

こんなカンジで大人になれないオトナ(ホームズ)と常識人(ワトソン)なのに、シーズン3の続きパートではしっかりキャッキャしたシャーロックとジョンに戻るんだから

あ、ワトソンとメアリーが言い合う場面でバイオリンを弾くホームズは「ねえ、僕のこと忘れてない?」と拗ねてるように見えました(笑)



舞台をヴィクトリア朝にしたことで、ガイ版ホームズを思わせる部分があったり

列車での移動場面、あちらのおふたりはここで銃撃戦がはじまって抱き合ったんだよなぁ

とか

マイクロフトが最初後姿を見せたときには遂にスティーブン・フライを投入したかと思った(をい)



パート3の続き的な部分を入れることで”ヴィクトリア朝のシャーロック・ホームズのお話”という独立したストーリーでありながらも”もしかして夢オチ?”というカンジもあって、そのバランスがいい

そして今作でのモリアーティの立ち位置がウチ的には

もうひとりのシャーロック

に見えた

リコレッティ夫人の幽霊の事件ということで、敵ポジションである必要がないからこそできたことかもしれないけれど

シーズン3の続きとして悪夢にうなされる(クスリのせいだけど)ホームズのダークサイドというかたちでヴィクトリア朝のモリアーティが存在するようにウチには思えた

ジキルとハイドというか、理性が勝って事件を解決することに情熱を見出すホームズとラクな方へラクな方へと事件を起こし悪の道をひた走るモリアーティ
一応は”ライヘンバッハで倒した強敵”という設定ではあるけれど、ホームズの心の葛藤のように感じられた

現代版では実在する存在として描かれていたけれど、今回の作品ではその存在が本当なのかどうかわからないというカンジといえばいいのかな

まさにライヘンバッハのシーンなんてシャーロックがクスリの苦しみに打ち勝つ葛藤とさえ言える
なのにモリアーティやっつけちゃうのはワトソンなんだけどね、もしかしてジョンがシャーロックを精神的な意味でも救ったということか



テーマである忌まわしき花嫁事件

フーパーが実は女性な男装の検視官として登場したとき『アルバート氏の人生』を思い出した
『高慢と偏見』や『ジェーン・エア』と近い時代、女性は金持ちと結婚してナンボの社会
その選択をしなければ男として男に混じって生きていく人生
でも、結婚できても夫と対等ではなく・・・
女性の地位が低い社会が産み出した事件なのかなと感じました



本編始まる前に、終わってからもあるからエンドロールで帰らないでねと字幕が出ますが、なんとインタビュー集

ウチが見た回では帰る人はいなかったですが、撮影に対するホンネもでたりとかなりニヤッとなるのでしっかり見届けてくださいな







ちょうど今日初めてキャプテン・アメリカの予告編見ました
社長業もいいけれど、ガイ版ホームズがますます見たくなる

そして、シャーロックとジョンもベネ様もマーティンさんも忙しいだろうけれど、次のシリーズが楽しみです


 
  • 2016.02.19 Friday
  • 22:53

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 22:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback