My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< 『ギャラクシー街道』 | main | 『PAN ネバーランド、夢のはじまり』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    『コードネーム U.N.C.L.E.』
    0
      さて、昨日の公開初日に『コードネーム U.N.C.L.E.』を観てきましたよ


      4DXを体験してみてふ〜ん・・・くらいの感覚ではありましたが、スタイリッシュでアクションをスピーディに魅せるガイの兄貴の作品は4DX向きなハズ!!という期待から4DXで鑑賞
      3Dとか4DXとかには懐疑派なウチではありますが、もしガイの兄貴がホームズを取り始めた頃に4DXがあれば、ホームズヴィジョン(でよかったっけ?アクションがスローモーションになるやつ)の場面では大興奮してたと思うもん


      つーかガイの兄貴さんよぉ〜、新作もいいけどホームズまだぁ?と前は思っていたけれど、予告編を見た頃から、ガイの兄貴だし面白いに違いない!と期待値が上がってました。







      ※以下続きです。
       ネタバレありですのでご注意ください






       









      ガイの兄貴がスパイ映画とは新境地でありながらも、しっかりコテッコテのガイの兄貴テイストなんだよね

      自分が近づいていくのではなく、相手を引き寄せるかのような

      ムードづくりっていうのかな、60年代のファッションに風景にとヴィジュアル的にしっかりと作り込まれ、音楽のセンスも挿入の仕方もハズレなしで、21世紀のいまではなくまさにその場その時代ににいるかのようなムードづくり
      ガイの兄貴といえばスピーディさが代名詞のような部分があるけれども、音楽センスの良さとムードづくりも毎度高クオリティです



      大真面目にちょいちょい笑えるのがまたいい



      その .ーチェイスならぬシップチェイスのシーン

      背景であんなにもイリヤがギャーギャーと大捕物から逃れているのに、セクスィー部長の曲に合わせて優雅なナポレオン
      なんかそのちょこっとシュールでもあるカンジがもう可笑しくて
      でも、そこからしっかりトラックで相手の船を潰しにかかり・・・ってなんで自分も「美しく散るぜ☆」なカンジになるんだよー(そこがまた可笑しくてイイ)
      カッコよさとか捨ててさっさとドア開けて下に泳いでいってもいいじゃん(笑)



      その◆.ぅ螢笋ナポレオンを助けに来る、いつの間にか仲良くなってない?なシーン

      おじさんを生かしておこうとふたりでごにょごにょやってる間に、おじさん燃えちゃってますから!
      ここも真面目に二人は今後を考えてるのに、オイ!早く気付け!!とこっちが焦りたくなるくらいなのがシュール



      ポスターにand的な表記だったのにも驚いたけど、ヒュー・グラントがあんなに大きな役とは

      アメリカとソ連のお話でガイの兄貴のお国は代表というところかしら

      正直、年齢的にももうラブコメは見ていてキツいなぁ・・・というところだし、私生活もなんかどんどん子供増えてない?だったりと、かつて英国男子ブームを牽引したスターが英国男子ブーム再来の今なんだかパッとしないんだよなぁ・・・と思っていたけれど、こういうポジションで今後攻めていくのがいいんじゃないかな?と感じました

      ラストシーンにもニヤリ

      ってか”U.N.C.L.E.”ってギャビーのおじさんに接触する作戦だからだと思ってたら違ったのね



      ここでそーゆー風に揺れる?!という違和感を感じたイメージが残っていて、観はじめにはやっぱり4DXって苦手かも・・・と思っていたけれど、気がつくとしっかり映画そのものとマッチしていました

      特に島上陸のシーン
      銃音とかなく画面を分割してテンポよく作戦を展開するけど、それに合わせて椅子が揺れるのなんてマッチしすぎ!
      壮大なカー&バイクチェイス後の雨のシーンでは本当に雨が降ってきた(って髪がうねって膨らむからこれだけはマジで勘弁して・・・)

      なにはともあれやっぱりガイの兄貴は4DX向き



      基本スタイリッシュ(ナポレオンなんてカッコよくキメキメだし)なんだけど、お互い盗聴器仕込んでたり、防犯センサーが作動したり、裏切られたり、捕まったり、重要人物が燃えてるの気づかなかったり、といちいちマヌケ?詰めが甘い?この抜け感がいいよね
      不可能シリーズや007シリーズの”できないことなんてないぜ、どんな乗り物でもお手の物だぜ”的な部分がありながらも、ちょいちょいオイオイ・・・と思っちゃうあたりがいいね

      あ、二人が引き合わされたカフェでの周りのお客さんとかが全部仕込みだったところではさすがスパイ映画!とゾクッとした



      これは続編期待できますな〜
      今回はイリヤと最初からいいムードだったけど、次はギャビーが二人の間で揺れても楽しいかも



      個人的にはナポレオンよりイリヤ派かな(ローマでの黒づくめスーツは似合いすぎて西側の人間すぎるwだった)
       
      | 映画 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(3) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:45 | - | - |









        http://aile-27.jugem.jp/trackback/852
        No.518 コードネーム U.N.C.L.E.
        「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督が、1960年代に人気を博したイギリスのTVシリーズ「0011 ナポレオン・ソロ」を新たに映画化したスパイアクションアドベンチ ...
        | 気ままな映画生活 | 2015/11/16 10:53 PM |
        コードネーム U.N.C.L.E. 〜 カウボーイとボクネンジン!?
        コードネーム UNCLE 観ました。 公式HP 東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、
        | まぜごはん | 2015/12/06 10:50 PM |
        コードネーム U.N.C.L.E.
        THE MAN FROM U.N.C.L.E. 2015年 イギリス 116分 アクション/サスペンス 劇場公開(2015/11/14) 監督: ガイ・リッチー 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 製作: ガイ・リッチー 原案: ガイ・リッチー 脚本: ガイ・リッチー 出演: ヘンリー
        | 銀幕大帝α | 2016/03/21 4:03 PM |
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ