My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< 『ニューヨークの巴里夫』 | main | 『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    Larry Carlton and Steve Lukather JAPAN TOUR 2015@ZEPP SAPPORO
    0
      今日は待ちに待った今年最初のビッグイベント!ということでZEPP SAPPOROでのLarry Carlton and Steve Lukatherに行ってきました






      ルークはラリーを師と仰いでいて、過去にも共演はあったけれど、まさか今またこうして共演を聴くことができるなんて!!と絶対何が何でも聞きたいステージでした
      「来年のことを言うと鬼が笑う」というけれど、1月の予定は未定だけれど、そんなの関係ない!と先行抽選に応募したら当たって、しかも2列目ということでこんな機会はまたとなさすぎる!!とワクワクしていました






       








      本番前のMeet&Greetも行きたいところではあったのですが、お値段がお値段だけに手を出すことができず、やっぱり買えばよかったかなぁと今日も起きてからクヨクヨしていました

      が、なんと開場して席を探したら1列目がないびっくり
      2列目とは実質最前列びっくり
      しかも端の方だよなぁと思っていたら、端から2番目でもむしろ真ん中よりも見やすいよねっていう絶好の位置で


      ↑説明するより示すが易しということで書いてみた

      同じ列の人はみんな「えっ、2列目なのに一番前なの?!」とみんな同じ驚きと喜びのリアクションでした

      どうしよう、前の人の頭とか気にせずこんなに近くで観ることができるなんて・・・(*0*;)☆
      と震えが止まらなくなってしまいました

      もうこうなったら正気ではいられないとなぜだか入場時に引き換えたドリンクをグイグイと体に流し込みアルコールでテンション上げる謎の行為w

      そして開演

      ステージ上から登場してまずは握手する二人の姿を見ているだけでもう今日のステージは大満足(をい)
      奮発してでもMeet&Greetのチケを買わなかったことを後悔していたけれど、それを補って余りある位置からふたりのプレイを観れるんだからとクヨクヨは消えていました



      ひとつの曲をラリーとルークそれぞれが思う存分たっぷり十分に弾きまくって聴かせてくれるという構成で進行

      ハードなドラミングはTOTOに続いてキース・カーロック
      あのJAZZのようなスティックの握り方であれだけ叩くんだからもうどうなっているのか凡人にはわからないっ


      もちろん、こういう風にプレイしようと決めてリハーサルもしているのだろうけど、ラリーとルークそれぞれがアドリブプレイをしてベース・ギター・キーボードがそれに合わせているかのよう
      今自分は即興のセッションを魅せられているのではないか?と何度思ったことか



      二人が弾いていると、右目はラリ−で左目はルークでと忙しい
      でも、遮るものもなくこんなに近くでプレイを観ることができるなんてもうないかもしれないと思えば必死です!

      ルークのプレイは音色自体もそうだけどロックの人らしくハードな弾き方で、指づかいも動きがある
      ラリーのプレイはアダルトでシックで、指づかいもあまり動きがなくサラリと弾いてしまう
      といった印象

      同じ”世界屈指のスゴ腕ギタリスト”でも、日頃自分が重心を置くジャンルによって違うのね〜と勉強になりました



      ルークがウチの目の前に来てくれることがあったので、その時はもう目をハートにしながらガン見させていただきました( ̄▽ ̄)



      今日のステージは基本的にインストで、ルークがヴォーカルをとった曲が2曲(本編とアンコール)あり、”歌い手・ルーク”をじっくり聴かせてもらいました

      RosannaとかGift Of FaithとかWings Of Timeとか、ルークがヴォーカルをとる曲で好きな曲もたくさんあるけれど、よく考えるとTOTOのときってどうしても”ギタリスト・ルーク”ばかり見ていたなぁと(TOTOの場合は他にヴォーカルをとれる人がいるというのもあるわけで)

      こうしてちゃんと改めて聴いてみるとしゃがれた声がまたブルージーで味があるなぁとしみじみ
      最近ルークのソロあまり聴いてなかったし、あと数日は今日の余韻に浸ったら、またソロのアルバムをじっくり聴いてみようと思いました



      とにかく一瞬たりとも聴き逃せない観逃せない濃密なプレイが続き、軽く2時間くらいはやったのかな?と思いきや本編1時間半
      アンコールも1回だけ(あの雰囲気だったし2回目も期待したんだけどなぁ〜)



      とにかくステージ上の5人が互いをリスペクトし、ひとつにまとまりタイミングを合わせて、とあたたかな一体感に包まれていました

      本当にルークはラリーをリスペクトしていて、じゃれあうかのように楽しそうで見ているこちらも微笑ましかったです



      グッズは開演前にハンドタオルとポストカード&キーホルダーセットを購入
      迷ってたトートバックをやっぱり買おうと終演後に物販に行ってみたらバックは売り切れ・・・
      ということで、明日以降のツアーでバックを買う方はお気をつけください(笑)





      あああ〜、なんで今日は日曜日なんだぁ・・・
      明日も休みなら1日ニヤニヤしながら余韻に浸れたのに・・・(苦笑)
       
      | LIVE | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:53 | - | - |









        http://aile-27.jugem.jp/trackback/822
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ