My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< 2015 | main | 『ニューヨークの巴里夫』 >>
2014年映画ランキング
0
    わっ、もう1月も後半
    すいません、仕事から帰った後はひたすら家でだらだらしてましたorz


    ということで、幕開きはまさかのあの映画(帰省するまでは見るなんて考えもしなかった。これも妖怪のせい?!)から2015年の映画活動も始まってます
    ということで、いいかげん2014年の映画活動を振り返らねば

    もはや恒例(?)となりつつありますこの投稿



    GG賞もきまり、オスカーノミニーも発表になりましたし、いろいろなブロガーさんのランキングを拝読していても感じるのですが、今年のウチのランキングは非常に世間とはズレております
    あくまでも「レンタルに来たけど見たいのないわぁ」というときの参考までに、というくらいが丁度いいランキングとなっております(苦笑)






     








    ということで、まずはいつも通り観た映画リスト
     

    『ルートヴィヒ』

    『アイム・ソー・エキサイテッド!』

    『アメリカン・ハッスル』

    『マイヤーリング』

    『フィルス』

    『ファイア by ルブタン』

    『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

    『マイティ・ソー ダーク・ワールド』

    『土竜の唄』

    『ブランカニエベス』

    『公爵と皇帝』

    『ダラス・バイヤーズクラブ』

    『LIFE!』

    『8月の家族たち』

    『ワールズ・エンド』

    『ある過去の行方』

    『キャプテン・アメリカ』

    『レイルウェイ 運命の旅路』

    『プリズナーズ』

    『ブルージャスミン』

    『NY ANNIVERSARY LIVE!  Paul McCartney GOOD EVENING NYC2009』

    『X-MEN:フューチャー&パスト』

    『テルマエ・ロマエ2』

    『相棒ー劇場版掘次ゝ霏臾室!特命係 絶海の孤島へ』

    『グランド・ブダペスト・ホテル』

    『サード・パーソン』

    『超高速!参覲交代』

    『トランセンデンス』

    『NY ANNIVERSARY LIVE! BON JOVI INSIDE OUT』

    『サンシャイン 歌声が響く街』

    『ジゴロ・イン・ニューヨーク』

    『イン・ザ・ヒーロー』

    『舞妓はレディ』

    『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』

    『ジャージー・ボーイズ』

    『誰よりも狙われた男』

    『美女と野獣』

    『デビルズ・ノット』

    『クイーン・ロック・モントリオール1981 4Kリマスター版』

    『インターステラー』

    『ランナー・ランナー』

    『複製された男』

    『Over The L’Arc〜en〜Ciel』

    『友よ、さらばと言おう』

    『ゴーン・ガール』

    『毛皮のヴィーナス』


    目のちらつきがなければどうやら46本
    今年は「観たいの多すぎて時間な〜い」と思わないし、40本をきるかなぁと思っていたのですが

    2012年が41本2013年が43本ということで、最高記録びっくり
    これにリピートとかライヴビューイングとか午前十時の映画祭入れたらやっぱり50回は映画館行ってます

    ではではランキング


    【第3位】
    グランド・ブダペスト・ホテル

    視覚的にも、愛すべきキャラたちにも、クスッと笑えるストーリーにも、全てが甘〜い砂糖菓子のよう
    なのに、ストーリー時代はその時代の暗部も盛り込み、主人公・グスタヴの骨太な信念も見せつけられて忘れられなくなる

    観終わった瞬間の感想を一言で表すとしたら、楽しく軽い映画だったとも言えるし、考えさせられる映画だったとも言えるし

    ストーリーも視覚的にも、いろんな意味でバランスがとれている作品


    【第2位】
    X-MEN:フューチャー&パスト


    もう、これはウチ的には目がハートになりまくって文句なしというだけの理由です
    ヒュー様&マカヴォイ君という3大大好き海外俳優のうちの2人が主演というだけで1800円が惜しくない(笑)

    弱々っぽい役や最近は極悪人役が続くマカヴォイ君がふわふわミディアムヘアで当時の流行ファッションに身を包みやさぐれてて、でもそこから立ち上がってというのがもうニヤニヤポイントすぎて(こうやって書いていてももう顔がとろけている)

    シリーズ全てを俯瞰したときの矛盾点やツッコミどころはたくさんあるんだけれど、そんなことお構いなしです(をい)
    今までランキングしてきたなかで独断と偏見にもほどがあるというレベルをこえていて唯一ランキングになっていない状況なのは自覚がありますが、見た後の満足感が凄まじかったということでお許しいただければ


    【第1位】
    アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜


    悪い人が一人も出てこない、それこそまさに”愛おしい”主人公、自分の身の回りにある様々なかたちの愛に目を向けてみようと心をあったかくさせてくれる
    さすがリチャード・カーティスにハズレなし!!

    この作品を観た後で『ラブ・アクチュアリー』も『パイレーツ・ロック』も観直してみたけれど、悪い人が出てこなくて、主人公たちが愛おしくて、愛に溢れていて、この人はブレないんだよなぁと思った
    監督としても、脚本家としても、このスタンスはブレない
    作品自体だけでももちろんNo.1ですが、もっと監督作を観たかった、辞めるのやめたといってほしい、そんな思いも含めての1位です(あれ、これじゃあ昨年の1位と同じ展開じゃ・・・)


    さて、ここでひとり印象に残った人をどうしても挙げておきたい
    ウィレム・デフォー(『グランド・ブダペスト・ホテル』『誰よりも狙われた男』)

    今までこの人をちゃんと見たことなくて、『グランド〜』で初めて見たときには「なんだこのキレッキレのロックおっさん!」と豪華キャストの中で一番ツボにハマッた(でもあのキャラって演じてて楽しかっただろうなぁ)

    そんなわけでバンク兄ちゃんな印象を抱いていたところで『誰よりも〜』
    悪い銀行家なのかな?という最初の登場から、親が請け負った悪い口座も引き継がざるを得なかったある意味この人も巻き込まれた人となり、主人公に協力するいい人になり
    革ジャンやメリケンサックはどこいった?!などこからどう見てもビジネスマン

    というわけで、この変わりっぷりが印象的でした(まあそれくらい変わってこそ俳優だけどさ)





    蠍座で年末に貰った2014年に札幌で公開された映画リスト
    新作だけで635本にもなるんだって
    ウチが観た46本を塗りつぶしてみたけれど、1割にも満たないんだなぁ

    これ、開場になるまでの10分くらいでササッと塗ってみたんだけど、あとでこのブログと照らし合わせて「そうだ、そんな映画も見ていたんだなぁ」と思い出したくらいでササッと塗らさんなかった作品もあったんだよね(爆)
    そんな年末には見たことを忘れられてしまうよな作品がないように、2015年もいい作品にたくさん出会えていけたらいいなぁ

    もともと2015年は映画の当たり年と言われているしね!
    今年も観れる分は観れるところまで忙しく、楽しく!
    | 映画 | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 22:43 | - | - |
      遅ればせながらですがあけましておめでとうございます!

      昨年観た映画が46本!!凄い!!!!しかもラインナップが幅広くて面白い!

      cynthiaさんのランキングはかなり信用してるので、1位の「アバウト・タイム」はぜひ観てみようと思ってます。(でも青森では2月から( ;∀;))
      そんでもって自分なりの感想も書いてみたいです。
      ネタバレを避けるために、映画を観るまではcynthiaさんのブログも読まないようにしてるのがなんとも惜しいっ!

      自分の好みで選ぶと、ついつい歴史モノとか推理モノとかが多くなって、偏ってしまいがちなんですが、こんな風に好きな方のレビューに影響されて映画に行くのも結構楽しいんですよね〜(^^)

      そんな訳で今年もよろしくお願い致します!
      | あきなか | 2015/01/18 1:37 AM |

      【あきなかさん】

      アバウト・タイムが青森にも上陸ですね〜、是非是非ご覧になってくださいっ!!
      なかなかにあきなかさんとは「偶然にも私もそれ好きなんです」ってことがよくある(と一方的に私が思っているだけかもしれませんが)ので、気に入っていただけるのではないかなぁと

      ネタバレしないように上手に、でもその映画を観たいと思っていただけるように書いていけるといいのですが、どうしても言及しながらじゃないと語れないもので・・・
      これだけの本数を書いているわけですから、だらだら書かずに少しぐらいオブラートに包みながらネタバレせずに書いていけるように心がけていかなければなぁとも思う2015年です(汗)

      よくTBをいただいたり、読ませていただいている映画を語るブロガーさん方のランキングでは『ゴーン・ガール』『インターステラー』をランクインさせている方が多いなぁという特徴があるのですが、両作ともに私の場合は「巧いけど、面白いけれど、ズバぬけてこれ!というランクインものではないんだよなぁ・・・」というカンジで
      いかに私が独断と偏見に満ちて映画を見ているか、周りとズレようがなんだろうが空気を読むより我が道をゆくタイプの人間であるかがよくわかるなぁなんて苦笑いしてしまう2014年のランキングです(笑)

      こちらこそ、信用していただき、好きと言っていただき、嬉しい限りです(;▽;)
      更新する励みになります!
      今年もよろしくお願いいたします♪
      | cynthia | 2015/01/20 11:02 PM |










      http://aile-27.jugem.jp/trackback/820
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ