Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『ゴーン・ガール』

昨日は『ゴーン・ガール』観てきました

iPhone6に変えた時にキャンペーンで勝手に加入してたauスマートパス、12月までは無料ということで解約しないでいたけれど、1回くらいはユナイテッドシネマ1100円クーポンを使ってみようということで月曜日に鑑賞(まあ今月は残業で木曜日になかなか時間を作れないというのもあって)


映画とか音楽とか食べ飲み歩きとかジャンル問わずで2014年一番ハマッたものは?と訊かれたら間違いなく一番最初に挙げるのが『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
2シーズンとも面白かったけど、この回は別にいらないんじゃ・・・とか今回は大してドキドキしなかったなぁ・・・という回もあるなか、やはりフィンチャーが監督したシーズン1の1・2話は何が起こるのかドキドキして、そんなことしちゃうの?!と驚いてと一番面白かったなぁ(まあ主人公フランシスに対する見る側の免疫がないというのもあるだろうけど)と改めてデヴィッド・フィンチャーの作品が気になりつつあるところでの公開ということで期待は膨らむ
映画館で予告編を何度も見たし、さすがフィンチャーという展開の作品が見たいなぁと楽しみにしてました







※以下感想です
 ネタバレありですのでご注意ください
 今回は特に結論から展開していきますので宜しくお願いします







 









予告編を見たりSCREENなんかを読んでいて、”5年目の結婚記念日に失踪し妻が関与していない夫が疑いをかけられる”という話で、きっとそこはフィンチャーらしく驚きの真犯人が出てくる話なのかな?と考えていたんです

そしたらなんとやってくれましたよキネ旬

こんなに表紙にデカデカと”わるいおんな「ゴーン・ガール」”と書かれて、中身もロザムンド・パイクの写真とともにわるいおんなについて書かれている

これだけで十分にあの予告編は思わせぶりで、夫が悪いんじゃなくて妻が悪いんだと中身読まなくてもわかっちゃったんだよね

まあウチもこうして日頃ネタバレ感想書いてるんで人のこと言えないけれど、それでも公共の出版物でこれやっちゃダメでしょ

そんなカンジで、夫は悪くないんだ!妻が悪いんだ!という視点で冒頭から観ていました



でも、最後にそれがわかるのかと思いきや割と早い段階で妻側の視点から時系列に展開して妻が何をしたのかを見せていくので、いかにこの女が悪い人なのかと気がつくと夫側に立っているんだよね

ロザムンド・パイク
『ワールズ・エンド』で認識した女優さんだけど、美人さんというのとはまた違うなぁとウチの中ではカテゴライズ
ただこの硬質な顔立ちが今回の役にはすごく合っていて、悪さ・怖さを見せてくれる

ただ、ひとつ???だったのが、テレビで夫が糾弾されているのを見て「やったっ!」ってカンジに飛び跳ねるところ
突然そこだけきゃぴきゃぴキャラになってどーすんのよ!とツッコミ入れたくなった
いつだってエイミーにはふつふつと悪い顔しながらニヤリとしてほしかったよ

お金を奪われて枕に顔を埋めてあ゛〜と唸るところなんかはすごく悪く怖い女らしかったけれど



夫役のベン・アフレック

本当に今勢いあるね、次はバットマン?

理想の子供の父親の顔No.1と言われたり、もっともセクシーな男になったりとカッコイイと言われているのだろうけれど、自分はそう感じたことがないんだよなぁ・・・と思っていたが、この作品の彼はカッコよかった
キャラクターとしてもこないだの『ランナー・ランナー』より見所があるし合っているカンジ



そんなに簡単に大量の血が抜けるものなの?とかいくら逃げてきて警察の事情聴取があるからって、血を洗い流すことはできないの?とかいろいろツッコミどころはあるけれど、いかに用意周到に計画されたものか、エイミーが悪い人間かというのを見せてくれる

デジーの別荘での彼女の行動なんて、どこまで悪いんだコイツ!!って思うもんね



『デビルズ・ノット』ほどではないけれど、コミュニティのヒステリーの力も恐ろしいわ

日本じゃなじみのないリアリテイ番組だけど、騒ぎが収まっても四六時中ああして家の前にマスコミに張り付かれちゃたまったもんじゃないわ



結局なぜエイミーはああなってしまったのか?

”Amezing Amy”の姿に押しつぶされてしまった?
だとすると両親への反抗?

付き合って結婚したばかりの頃のように自分だけを熱く愛して欲しいという夫を振り向かせるため?
子供が欲しいから?

いずれにせよやりすぎなんだよなぁ



このあとこの夫婦はどうなる?

ウチが思うにニックはいずれエイミーに殺されてしまう気がする

エイミーを怒らせないように、彼女の望む通りに生活するというのは確かに賢明ではある
けれど、エイミーはそれで我慢できるような人間じゃないだろうなぁ

いずれまた何か不満が積もり積もって・・・

ただ、唯一の味方であるマーゴ(いい家族、役者さんもいい演技でした)は町から遠ざけて関係を絶ってあげてほしいよ






エイミーの行動や彼女の考えていること、これは何回か見ると見えてくるのかな?とも感じました


 
  • 2014.12.23 Tuesday
  • 23:42

-

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • 23:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2014/12/24 11:29 PM
 『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(注1)は、「妻の頭を割って、何を考えているか、どう感じているか
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2014/12/25 9:53 PM
夢も希望も無いのである。。  
  • Akira's VOICE
  • 2014/12/28 9:39 AM
2014年/アメリカ/149分 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ベン・アフレック    ロザムンド・パイク    キャリー・クーン    キム・ディケンズ    タイラー・ペリー    ニール・パトリック・ハリス ■概要 原題は『Gone Girl』。アメリ
  • 偏愛映画自由帳
  • 2014/12/30 9:31 PM
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と
  • はらやんの映画徒然草
  • 2015/01/03 8:42 AM
ポスター A4 パターンA ゴーン・ガール 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【GONE GIRL】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は 誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年
  • miaのmovie★DIARY
  • 2015/01/03 10:51 PM
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあ
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/01/04 4:06 PM
「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」の鬼才デビッド・フィンチャー監督が、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。「アルゴ」のベン・アフレックを主演に、ロザム ...
  • 気ままな映画生活
  • 2015/01/05 10:24 PM
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2015/01/31 10:03 AM
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与している
  • ここなつ映画レビュー
  • 2015/02/04 12:55 PM
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12
  • 京の昼寝〜♪
  • 2015/02/17 8:10 AM
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド
  • 銀幕大帝α
  • 2015/04/06 7:49 PM