My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< 『ランナー・ランナー』 | main | 『オズの魔法使』@午前十時の映画祭 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    SARAH BRIGHTMAN in concert with Orchestra〜世界でいちばん美しい歌がある〜@北海きたえーる
    0
      今日はサラ・ブライトマンのコンサートに行ってきました。

      いつかは生で歌声を聴いてみたいと思っていたひとり

      今回の公演を知って道新プレイガイド窓口限定最速先行販売でチケをとったのですが。一般発売を前にして既にアリーナ売り切れという衝撃の展開で仕方ないからスタンド席にしてどうなることやらと思いながら当日を迎えました

      しかも、サラ・ブライトマンのようなカテゴリの人が生オーケストラを従えてきたえーるのような会場というのがまたイメージわかないというか・・・
      Kitaraの方がそういうのには合ってるし音響もいいんじゃないの・・・と思ったりして

      なんだかんだではじめての北海きたえーる



      客席はこんなカンジ



      でも、実際席に座ってみると下手にアリーナ後方よりも見やすいかなという席でした

      アリーナには当日立ち見の方もけっこういてライヴでこういうことあるんだとビックリ

      開場後はこのようにステージは準備万端、彼女らしいBGMが流れどんどんテンション上がっていきます







       








      1曲目から優雅で美しい

      それでいてクラシックでもオペラでもないポップスのようなカッコよさ

      年齢的にも同世代のポップスアーティストだと声が出なくなってキー下げなんてこともあるだろうに、これだけの声量、これだけの響き
      いつも同じクオリティで圧巻

      これは周りの席の方々も口にしていましたが、張らない、地声に近い歌声は可愛らしい



      否が応でもここ数日はQUEEN強化期間のようになってしまっていたので、Who Wants To Live Foreverまで繰り出されるとは思わなかった!
      原曲自体がオーケストラが印象に残るように作られていたけれどこういう風になるとは!

      もうひとつ、思いもしなかったのは日本語で『風の通り道』
      これは日本ツアー限定なのだろうけど、ずっとモニターから視線が動かず日本語で歌うのは難しいようだけれど、嬉しいね



      全編通していろいろと風格あるドレスで登場

      でも、一番最初の赤の時は頭上に目がいって仕方なかった

      赤いリボン・・・キティちゃん???
      ガガ様が既に成田空港でやってるのでは・・・
      とそればっかり気になって申し訳ありません・・・



      第1部では1曲男性とデュエット

      この方を見ながら太郎さんが「セリーヌのツアーにゲスト出演していた時には1曲のみであるにもかかわらずリハーサル・本番と拘束され観光はできなかった」と語っていたのを思い出した



      ちょうど1時間経ったころ、サラは指揮者やオーケストラを紹介して指揮者と一緒に引っ込む

      まさか終わりなわけあるまいと思いきや20分の休憩

      いいカンジにあったまってきたところでの休憩にまさかあるとはおもってなかったので驚いてしまったけれど、彼女のノドやオーケストラの負担を考えるとだとうなことだなぁと



      第2部ラストから2曲目はPhantom of the Opera

      ここで第1部の男性がファントム役で登場

      この方にはファントムの音域が少し合わなかったのかな?という印象も受けたのですが、ファントムよりもクリスティーヌが強いオペラ座の怪人でした

      四季の舞台だと「怪人に連れ去られてこれからどうなる?」と一番最初の盛り上がり部分、ボディダブルが数人出てくる階段セットの場面なんだけど、連れ去られた怖さよりもクリスティーヌの肝の座りようというか・・・

      楽々と歌い上げ、もちろんクリスティーヌの感情もしっかり込められていて

      この男性ゲストが悪いわけではなくて、いかにこの作品がサラ・ブライトマンに当て書きされたものかというのを見せつけられました

      各国にあまたのクリスティーヌ役者さんは入るでしょうけれども(ウチ自身は札幌での笠松はるさんしか存じ上げないのですが)、やはりこの人のクリスティーヌが一番なのではないだろうか?と思いました

      『ジーザス・クライスト=スーパースター』で「サラのために創った作品だ」とアンドリュー・ロイド=ウェバーは言っていましたが、彼の一時期の作品は全てこの人に当て書きされたもので、彼女が歌ったときがいちばんしっくりくるのかもしれないと思いました



      サラ・ブライトマンといえばTime To Say GoodbyeやA Question of Honor
      繰り出してくれそうで繰り出してくれない

      もしかして今回は無い?と思っていたら最後にドッカーンと繰り出してくれました

      Time〜は遂にこの曲を生で聴くことができて前走から最後までずっと本当にトリハダで震えてました

      やはりここまできたらアンドレア・ボチェッリの原曲も生で聴いてみたくなっちゃうよ〜

      この曲が始まるやアリーナは立ち上がり、曲が終わると声があがる
      ロックのライヴのようにアツい



      A Question〜はアンコール1回目

      緊張感ある前奏が生だとさらにまり上がる

      響かせるクラシックヴォイスとかわいい地声ヴォイスを行き来して、本当にドラマチックな曲



      アンコールは2回目もう1曲終わって終了

      客席の拍手は続きましたが、客電とアナウンスで残念ながら終了

      まあサラのノド、オーケストラの体力を考えると、どこまでもアンコールに応えて・・・というわけにもいかないのでしょう

      第1部60分、第2部55分とコンパクトなステージでした





      休憩中にざっと数えたんだけど、けっこうステージに場所取られていても5000人近く入っていたかもしれない

      ということで、帰りの地下鉄が豊平公園駅に降りる階段から車両に乗るまでに30分かかった
      福住の札幌ドームだと始発駅だし、日頃試合に合わせて増発しているのがわかるときがあるけれど、途中駅だから既に車両が混雑していれば少ししか乗せられないし、やっぱりイベント時は大変だなぁと感じました(こういうイベント会場多いんだし東豊線こそ早急にホームドアをつけるべきでは・・・)



       
      | LIVE | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:40 | - | - |









        http://aile-27.jugem.jp/trackback/811
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ