Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.05.20 Wednesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『ジャージー・ボーイズ』

久々に2日連続映画

今日は『ジャージー・ボーイズ』

ミュージカルの映画化、しかもそういうイメージのないクリント・イーストウッドが監督ということでミュージカル映画好きとしては気になっていました





※以下感想です
 ネタバレありですのでご注意ください





 







ミュージカル映画かと思いきや、ミュージカルだったのはラストだけで(『マンマ・ミーア!』カーテンコールでのWarterlooみたいなカンジ)

挿入歌としてフォー・シーズンズの楽曲を聴かせながらも、重すぎず軽すぎず、セピア色に見せていく

グループの栄光と陰を描きながらも、“『君の瞳に恋してる』が誕生するまでのエピソード”というのが本作の隠されたテーマなのかなと個人的には感じる
『最後のマイ・ウェイ』もそんなテイストだったなぁ
時代を超えて歌い継がれる歌にはエピソードがつきものか



そして驚いたのが、メンバーそれぞれの視点から観客に語りかける手法を用いていること

『ハウス・オブ・カード』でもこの手法とっているけど、今流行っているのかな?

ひとつのグループでありながらもそれぞれの立場からグループやメンバーをどのように思っていたかがそれぞれ違うのがまた面白い



俺様でお山の大将で、業界や社会に適応できないトミーという人物

いつかはこの人が足を引っ張るのではないか?と思っていたらやっぱり・・・

シナトラをはじめ、この時代はまだギャングと繋がり、自身も豪快に問題を抱えているのも今より一般的だったのだろうけど

対照的なボブ

ギャラは4等分と主張し、問題を抱えるトミーと距離を置きつつ才能を発揮させる為にフランキーと手を組もうとする姿にその選択は合っていると思うよと思わずにはいられなくなってしまう



そしてギャングのボスのクリストファー・ウォーケン

渋く味がありながらも背筋をピシッとさせられるボスオーラ



フランキー役の人、最初えっ?16歳に見えないんですけど・・・(爆)と困惑していたら、その後何十年と演じられていて、どんどん年齢を重ねてそのときどきの味わいを見せるのは巧かったです

フォー・シーズンズのメンバーは皆さん舞台版でも同じ役を経験された方々なのですね



おネエなプロデューサー・クルーがなんだかリベラーチェみたいだなと思ったら、ウチと同じくらいの速度でボブも同じこと思ったらしい(笑)



JERSEY BOYS、ニュージャージーの少年達

「ジャージーの人間は裏切られてもそこで見捨てない」

他の3人が活動する意志を持たなくなっても膨大な借金を自分が払うと宣言しフォー・シーズンズを名乗り活動し続け完済するフランキー

なんだかんだ言ってもメンバーの絆はそう切れるものではないのだろう

そう、ニュージャージーということでBJを思い浮かべた
どんなことがあったって兄弟のような固い絆で互いをリスペクトし続けている
この気概は“ニュージャージー魂”とでも言うべきか

 
  • 2014.10.02 Thursday
  • 23:44

-

スポンサーサイト

  • 2020.05.20 Wednesday
  • 23:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
  • 映画雑記・COLOR of CINEMA
  • 2014/10/03 4:45 AM
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2014/10/07 7:28 PM
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、ク
  • 京の昼寝〜♪
  • 2014/10/07 11:16 PM
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステー
  • 映画のブログ
  • 2014/10/11 9:14 PM
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
  • はらやんの映画徒然草
  • 2014/10/15 9:43 PM
 60年代、世界中で人気を博した音楽グループ「フォー・シーズンズ」の結成から解散までを脚色、トニー賞を受賞したジュークボックス・ミュージカルを、名匠クリント・イーストウッド監督が映画化。 はっきり言って上手い、上手すぎる。御年84歳とは思えない、溌
  • 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
  • 2014/11/05 7:16 PM
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青
  • ここなつ映画レビュー
  • 2014/12/17 12:43 PM
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞
  • 偏愛映画自由帳
  • 2015/02/11 8:44 PM
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて〜と叫びたい不満があった。
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/03/06 11:25 PM