Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

映画

『マイティ・ソー ダーク・ワールド』

昨日は『マイティ・ソー ダーク・ワールド』観ました

ふぅ〜
ブロックバスターものだからしばらくは上映回数多いだろうと余裕でいたら2D字幕は遅い時間しかやってなかった
3Dが体質に合わないウチにとって2Dは早々と回数が減って終了しちゃうのはツラい

『マイティ・ソー』公開時は特に興味もなかったし、あーゆーカンジのマッチョ系って苦手・・・というのもありまして(をい)
『アベンジャーズ』観たときに、ソーを知ってた方がよかったなって思ったし、そのときに印象的だったロキとフィッツジェラルドが同一人物と知ったのもあって、昨年映画チャンネルで見たんですよね
そうこうしているうちにロキ様ブームは凄いことなってきましたね






※以下感想です。
 ネタバレありですのでご注意ください






 









期待通りと言えば期待通りなのですが、なんだか安っぽいSF映画のようになってしまうところが度々あったのがちょっと残念・・・

なんだろう、あのダークエルフの面々の見た目が・・・
人間っぽいのに人間じゃないアスガルドと比べるとう〜ん・・・

1作目では宇宙のような近未来のようなアスガルドの世界感に驚いたのですが、慣れちゃったというのもあるのかもしんないけど、1作目ほどの驚きがなかったというか・・・

やっぱり監督が変わったというのも大きいのかしら?

『エージェント・ライアン』を選んだというのもあるのだろうけど(こちらの作品映画館で見る予定はないのですが、予告編のケネス・ブラナーカッコいいですね)、ケネス・ブラナーだったらどう描いただろう?というのが頭をよぎってしまいましたね。



まあやっぱしウチはソーよりロキなのですが、それ以上にウチ好みだったのがウォーリアーズ・スリーの一人

「次は巨人から倒そう」と言ったり、オーディンに戦況を伝えたり、肝心なアスガルドからの脱出場面で乗り物を用意してくれたりしたソーの右腕っぽい人

幻影ではなく、本心のショック受けてるロキはアダムを彷彿とさせる



ナタリー・ポートマン

前作の公開の頃にオスカーを手にして、出産・結婚があって

もうお祭り映画には出ない、シリアス系だけでいくという選択もできる人であろうに、こうして出てくれている

でも、この人の演技が非現実の物語の中にリアリティを与えていて、さすがの演技

変わらずの美しさ



それに比べるとステラン・スカルスガルドの扱いって・・・

これは『アベンジャーズ』の時にも思ったんだけどさ、もっとどうにかしないと“いてもいなくてもいいポジション”のキャラになってしまいそう・・・



門番の人、アスガルドの危機にいい仕事してた!

それに比べて浅野忠信別に要らなくね・・・

そしてダーシーがちょいちょい笑かしてくれるいいスパイスだった



ソーがジェーンをアスガルドへ連れて行く場面

ロンドンの警察はソーが何者かを知らないみたい

アベンジャーズってやっぱりアメリカ国内でしか通用しないということかしら?

でもグリニッジの子供達は知っていたけど



お母さんの死と葬送のシーンはじーんとした

でも、お母さんも上品なカンジだったけど、覚悟を持って戦いカッコ良かったです。



アイアンマンでトニーが心臓を治したように、ロキが亡くなりソーは王座を継がないという選択をして、このシリーズも一段落なのかなと思いきやラストシーン!!

えっ?!結局ロキってどーなったのよ?!
ってゆーかロキは次は何を企んでるの?!


とそんな落ち着いちゃうなんてことはなくてドキドキさせてくれました

1回目のエンドロールは名場面的になってたけど、最後はやっぱりロキだったし、世間で言われている通り、これはとことんロキの映画カモ



予告編では『キャプテン・アメリカ』の予告編も流れていました。

レッドフォードも出ちゃうのね

そういえばこの作品の予告編を初めて観たのは『アイアンマン3』のときだったなぁ

そしてキャプテン・アメリカはロキの変装という形でカメオ出演

結局なんだかんだでアベンジャーズ2まで全部お付き合いしちゃいそう



本編始まる前にアベンジャーズお決まりの映像があるから席を立たないでねと先にアナウンスあり

ということで、エンドロールが始まってすぐに立つ人はいなかったんだよね。

そして、待ってました!

いつ何時物語のヒントが隠されているかわからない!という理由でウチは何があっても館内の照明がつくまでは立たない人なんだけど、ここで立つひとが半分くらい

エンドロールが全て終わった後にもさらにあるから絶対に立たないでね!!

1回目の映像を見届けたら帰ってしまった方、残念・・・
ちゃんと照明がつくまで帰らなかった人はおトクな気分(笑)

ところで、あのコレクターとは何を意味するのだろう???

今まではいろいろと今後に向けてのヒントが隠されていること多かったんだけど、さてどうなる???

  • 2014.02.21 Friday
  • 23:41

-

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • 23:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
評価:★★★☆【3,5点】(AF) ドラマが少ない分感情移入できないがバトルシーンが
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2014/02/22 12:46 AM
“アベンジャーズの戦い”から1年。 ロンドンで原因不明の重力異常が発生し、天文物理学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)が調査に向かうが、物体移動のワームホールを発見し、そこに吸い込まれてしまう。 アズガルドの戦士たちと9つの世界を守るために戦って
  • 心のままに映画の風景
  • 2014/02/24 5:07 PM
 映画『ファミリー・ツリー』の記事では日米のポスターの違いについて述べたが、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも日米の違いが興味深い。  日本のポスターでは、中央にソーとジェーンが立ち尽くし、二人をあざ笑うかのようなロキの顔が虚空に描かれている。
  • 映画のブログ
  • 2014/03/01 6:59 PM