Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.11.17 Sunday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『007 スカイフォール』

今日は免許の更新に行きたくて休みを取っていたのですが、早く007を観たい気持ちもあったので免許の更新を午前中に終わらせて、夕方の回で『007 スカイフォール』観てきました〜!!


1000円デーじゃないと観ないとか言ってるウチにはIMAXは値下げなしの2000円ってのがちょこっと悩みのタネだったけど、きっと迫力ある作品だろうからIMAXで観てみたいという思いがあり、2000円払ってIMAXで鑑賞。

音がすごいよね。
いちいちビクッってなる。

で、つくづく『ダークナイト ライジング』をIMAXで観るんだった〜と後悔。
あの冒頭の飛行機シーンがIMAXだったらどうなるんだろうってのが気になるんだもん。



ちなみに、ウチは007を映画館で観るのはこれが初。

『カジノロワイヤル』と『慰めの報酬』はIMAGICAで夏にやっていたものを録画していて、先週予習としてイッキに観たんです。
とりあえずダニエルボンドは押さえてると言えばいいでしょうか。





※以下感想です
 


ネタバレありですので、今回は本当にご注意ください(でもさすがに1週目の今の時点では明かせない部分はがんばって伏せます)






















前2作が00に昇格したばかりのボンドを描いていたので、今回も若いボンドなのかなぁと思いきや、ダニエルも40代になったしなんだか一気に年相応というカンジになったような。

文字通り無鉄砲に突き進んでいたところから吸いも甘いもいろいろと豊富に経験しまくったようなカンジでベテラン風。


今回のボンドガールはセヴリンとのことだけど、あっさり××になっちゃうというか。

へっ、この出番でボンドガールですか?って思ってしまったのが正直なところ。
なんだか出番的にも活躍的にもイヴの方がボンドガールじゃないですか?というカンジ

っていうか、まだ女王陛下のボンドガールっぷりが冷めやらないのもあるんでしょうかねぇ(笑)


上海のシーンで、エレベーターにぶら下がった瞬間には声を出してしまった(汗)

ってか、遂にボンドもイーサン・ハントを目標にしてしまったかと思ったよ


ハビエル・バルデムの悪役よかった!

『カジノロワイヤル』での「でも俺は黒幕じゃないよ〜ん」的なル・シッフル、『慰めの報酬』でのボンドとのアクションシーンがあるわけでもなくて、2作品の一連の黒幕でもなくて結局何がしたいのかわからなかったイマイチだったマチュー・アマルリックのグリーンに比べると、ちゃんと悪役らしい!

ウチの中ではこの人っていかにもなラテン系のイメージだからどうしてもブロンド髪に違和感あったんだけど、そこを差し引いても十分です。

また、矯正不能なマッド感がいい。

ヒースのジョーカーと同じで狂った感が出せる俳優さんだとすごく怖くなるんだよね〜。


おなじみのテーマ曲に合わせてクラシックなアストンマーチンが出てきたときには客席がニヤッってなった

この古さだとMTでは?と一瞬思ったらやっぱりそうっぽくて。
ボンドに決まったころにはATに改造したアストンマーチンに乗ってるとか言われてたけど、ダニエルMTも運転できるようになったのかしら?


予告編でボンドが歩きながらバンバンバンと撃つシーンがかっこいいなぁって印象的だったんだけど、審問会でのシーンだったんですね。

で、その続きのこのシーンでも着てるんだけど、この人水色が合うよね。

『カジノロワイヤル』のラストでの「Bond, James Bond」のときにも水色だったけど。


ボンドがお屋敷と広い土地を持っていたとはね〜。

思い返せば『カジノロワイヤル』では伝統的な家を1件水に沈め、『慰めの報酬』では最新の要塞のような家を爆破し、彼はひとつの事件で1件家を壊さないと気が済まないのか?ってなるぞ(笑)

でも、なんで土地の名前が□□なんだろう?

□□の問いに答えたくないのは、最初は単に、冒頭でイヴに撃たれて落下したトラウマで答えられないのだと考えていたけど、幼少時のトラウマだったんだね。


まさかまさか△△さんが××になってしまうとは・・・

これが一番の衝撃です。

そりゃあ先に公開された海外でwikiにあらすじ書きこまれたのが日本人でも読めちゃったら大騒ぎになりますわ。

いずれ××になるとはいえ、こんな××だったとは。
平和にいつの間にか××になると思ってた。

まあ思えば、中の方が台本が読めないとか言っているのを聞いたことがあるので、近いうちにこうなるのかもしれないな〜と思いながら観ていた部分もあったのですが。

だからあの方の名前も△△だったのですね。


それとも関連あるんだけど

レイフ・ファインズにベン・ウィショーにアルバート・フィニーって、十分主役を張れる役者さんがいっぱい出ているなぁ、さすが50周年で気合入ってるなぁって考えててたんだけど、50周年であることの他に、“ダニエルボンド”はこのメンバーでいきます!ってのの決意表明なのかもしれないね。

ちょうどダニエルが次回2本分契約したとのことですし。


アデルの主題歌ですが、実はちゃんと彼女の作品を聞いたことがないので、へぇ〜、こんな歌を歌うんだ〜ってカンジなんです(^^;)

でも、カッコイイギターから始まるロックな曲とトランプをモチーフにしたちょいとかわいいカンジの映像が見事にマッチしている『カジノロワイヤル』がウチは好きかなぁ。


あれ?これって軍艦島?と思ったらやっぱりそのようで、エンディングで日本語で「長崎市 軍艦島」って出てきたのはアツくなったよ!!



007で悪役やってほしいランキング1位がゲイリーってわかります!

もはや彼には悪役なんて朝飯前なのかもしれませんが、見てみたいですね。
  • 2012.12.04 Tuesday
  • 23:43

-

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • 23:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
 SKYFALL  "007 reporting for duty."  英国諜報局・MI6の機密ファイルが入ったハードディスクが盗まれた。殺し のライセンスを持つ諜報員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2012/12/09 11:37 PM