Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

グルメ

PUBってきたぜ!

「アイリッシュパブが好きなら行ってみて」と紹介していただいたパブへ。

今頃になってしまいましたが、やっと足を運ぶことができました。

木曜日で映画はレディースデーだけど、毎月最終木曜日のアイリッシュミュージックライヴに行きたくて、今日はこっち。


お店に入って席に着く・・・ではなく、まずはバーカウンターへ向かい、Cash on Deliveryで注文。
そしてビールを手に持ち好きな席を見つけて席に着く。

なんて本格的なんだ!!

高崎のパブでもハッピーアワーの時間帯に安く呑みたい人はCash on Deliveryだったけど、どの時間帯もこのシステムってのが本格的。
(でも、日本の最後にお金を払って帰る文化からすると、食べ終わったら出て行けるのは、お金払わないで出ちゃって通報されないかな・・・とドキドキしてしまう)


時間になるとミュージシャンの方々が続々と来店。

ステージがあるわけでもなくて、皆さん普通にお客さんとしてまずはバーカウンターで飲み物を注文。
そして、席について演奏が始まる。
演者の皆さんも呑みながらな堅くない雰囲気。

曲間でチューニングをしている間にいつの間にか曲に突入してる。
そして、曲の終盤に向けてだんだんと盛り上がってアツくなっていく。
持ち回りでリズムをとる方の足踏みもカラダに響いてくる。

歴史敵的な背景ゆえか、ケルト音楽には短調の明るいとは言えないムードで始まる曲もあるけど、必ず楽しく、それこそパブで人々が呑みながら踊っている姿が想像できるような明るさがあるんだよね〜。

今日の編成ではギターがボトムを支えていたんだよね。
ロックばっか聴いてると、ギターがボトムでリズムを生みだすというのがなかなかイメージつかないんだけど、大好きなケルト音楽でギター弾いてみたいなぁなんて思っちゃった。
  • 2012.09.27 Thursday
  • 22:57

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 22:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback