My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< 『THE BEST OF TARO HAKASE』@中野サンプラザ(11.11.01) | main | yukihiro history book『beautiful days』 >>
『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
0
    『三銃士』観てきました。



    『パイレーツ』のときにも思ったんだけど、3D公開されてる映画って2Dの上映回数少ないよね。
    ただどうしても体質的に3Dが合わない人間にとってはなんだかな〜・・・って思っちゃうんだよね。
    3Dの追加料金払って具合悪くなるなんて話にならないし。
    今は3D映画が続々と発表されてるし、今後もこの流れは続くんだろうけど、もしも将来全ての映画が3Dになったらもうウチは映画観れないよ。。。って怖いこと考えてしまうよ。


    以下感想です
    ※ネタバレありですのでご注意ください。







    予告編観たときには飛行船とか床が動く構造とかにいつの時代なんだよ!ってツッコミ入れて、ぶっとび映画が苦手なので大丈夫かなって思ったんだけど、ぜんぜんそんなこと気にせずに楽しめました。


    三谷版三銃士では首飾りをめぐる道中ひたすら続くイメージだったんで、首飾りの話題に入るまでが長いなとかあっという間にバッキンガム公爵片づけちゃったとか思ったけど、しっかりじっくり成立してたし。

    ただただ撃ちまくりかと思いきや「直接モノを言うから田舎者だとわすぐにわかる」と初対面でコンスタンスに言われてしまうダルタニアンの逆を行くかのようなクスッと笑えるエスプリが随所にちりばめられていて、個人的にはそれに笑うのが楽しかったです。


    なんかルイ13世役の俳優ってリチャード・ロクスバーグに似てるなぁとか
    帝劇版の橋本さとしもそうだけどアトス役ってあーゆーカンジの雰囲気の顔の俳優さんが多いのだろうか?とか
    この時代の高貴な女性って藤井大介ショーの針金入ってます的なカンジのお決まりの衣装みたいですねとか
    海と空の違いがあるとはいえオーリーは中世船系映画の出演がが多いような気がするけどとかどーでもいいことを考えたり

    それにしても監督は妻にセクシーシーンさせて大丈夫なのだろうかと思わずにはいられなかった(爆)
    撮った葉いいけど耐えられなくなったって、ハリウッドだとたまにそれで別れるカップルあるよね


    今回一番印象に残ったのは、冒頭のヴェネツィアでの活動家から最後まで三銃士かっこよす!(途中ヘマもあるけど)
    恋の傷を引きずりながらも大人なアトス
    飛行船で回転銃ブッ放つアラミス
    捕まるのも芸のうちなポルトス

    ラストシーンは続編を思わせるけど、努力しないで無銭飲食する方法だけはやらないでねということで(笑)
    | 映画 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 22:41 | - | - |









      http://aile-27.jugem.jp/trackback/527
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ