My Pace, My Self

rien a dire... jour normal
<< TOTO IN CONCERT 2011@日本武道館 | main | OPとEDってもはや日曜夜11時やないかーい(爆) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    『はやぶさ/HAYABUSA』
    0
      ほい、『はやぶさ/HAYABUSA』観てきました。

      映画の秋ってくらい観たい作品が多いので安く観れるときに観ておこうと公開初日だけどファーストデーで1000円なので行ってきました。

      で、この秋気になる『三銃士』の予告編を見れたのですが、これって時代考証無視のぶっ飛び映画ですかー(◎o◎)
      どうしてもそーゆーのって引いちゃうから、これは公開されてからの評価次第で見るかどうか決めようかなって気になりました。

      そーそー秋は『ステキな金縛り』もあるけど、こちらでも耕史クンは竹内結子と夫婦役・愛人役で共演してるのね〜。


      ってなワケで感想。

      流石に公開初日なのでネタバレしないように頑張るけど、どうしても出ちゃうかも・・・
      だから耕史クンの感想メインで書きます。

      でも基本これから観に行かれる方は続きを読むをクリックしない方が身のためですよ!!







      現代劇で真面目な二の線の耕史クンが観たい!!とかねがね言ってただけに待ってました感が大きい。

      ・・・とはいえご本人も三の線になるとノリノリになっちゃう方だから。
      多分ステカナの方がいろいろアイデア出したりして楽しんでたりして(爆)

      とにもかくにも最近『パンドラ場L』とか『死刑基準』とかビンボー学生泣かせのWOWOW作品続きなのでこうして姿を拝めるのは嬉しい。

      どちらかというとその他大勢の中の一人というシーンが多いカンジもしたけど、発射のときの「君の名前が決まったよ」とかオイシイところも持っていきます。

      そしてそして

      サンプル採取のシーン!!

      正面から真面目な表情のエリート田嶋さんをガン見で拝めます

      ごちそうさまでしたー

      インカムつけてクールに交信しちゃうお姿もgood


      さてさて、作品全体の感想

      ちょうど今朝の新聞で読んだんだけど、ヒロインだけは架空の人物なんだって。
      そしてそのプロジェクト新参者である彼女の目線を通すことによって一般の人にも分かりやすくなってるとあったんだけど、冒頭での彼女の印象は

      オタク過ぎ

      こんな人いるの?!ってくらい。

      だけど見ていて気がつく。

      このプロジェクトのみんなはある種オタクなんだなって

      夢を捨てきれないエリートオタク達が集まってその夢をかなえようとしてるんだなって感じた。

      ただね、その彼女がはやぶさになって「僕はね、○○なんだ」みたいに語るんだけど、ちょっとその演出がさめちゃったな、個人的には。
      必要に応じて字幕も入れてることだし、単にCGだけを見せてもよかったんじゃないかなって思う。
      いいとこなのになんか急に教●テレビの子供番組みたいになっちゃうんだよね。

      架空の人物だから紆余曲折あっても最後はサクセスストーリーなのですが、せっかくここまで現実の話で進んできたのに最後そんな夢物語は無いじゃんって思っちゃったウチはひねくれでしょうか?

      それからどうでもいいことだけど、竹内結子の泣きの演技に引いた(爆)・・・
      子供じゃないんだから、ただワンワン泣けばいいってもんじゃないでしょ。
      もしかして泣きの演技って苦手なのかな?

      自分の中では佐野史郎というと冬彦さんというか、ハンチョウのときもそうだったけど、どこか暗そうな、白いイメージではないんだよね
      でもここではひたすら成功を信じる白キャラでした。

      この作品には高嶋兄が出てるけど、そーいえば『我が家の歴史』では糸川博士を高嶋弟が演じてたよね。

      予算交渉のシーンが何度も出てくるけど、震災や水害が発生した今は復興とかにお金をかけるとなると現実に科学予算とかは厳しいんだろうななんてシビアなことが頭をよぎりました

      いろんな人がちょこちょこ出てくる作品なので隅から隅まで目が離せませんね。

      そうそう、これ堤幸彦作品なんだよね。

      どうしてもウチ、堤作品にイマイチのれないというか・・・

      『テンペスト』もそうだったし、他の作品を見ても感じるのがこの笑いのノリはどうも個人的には好きじゃないな・・・ってなっちゃうんだよね。

      でもこの作品はついていけた。
      笑いをとるのも途中にちょこと息抜き程度だったし。
      エンドロールで堤作品だって気づいたくらいだったからね。

      そんなこんなではやぶさプロジェクトを知るにはちょうど良い作品です
      | 耕史クン | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:07 | - | - |









        http://aile-27.jugem.jp/trackback/514
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        2425262728  
        << February 2019 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ