Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画

『ラブ・アクチュアリー』

【最近気になってるコリン・ファースの作品を見るシリーズ、第何弾だっけ(笑)】



こないだ図書館に行ったときちょうどあったので借りてきました。
とにかく図書館のDVDは半分以上借りられてる状態なのであるときに見とかないと次のチャンスがなかなかないのでね。

その昔『ユメ十夜』を観に行ったときに、「短編は難解だからやめといたほうがいいぞ」と言われながらも耕史クン見たさで観に行き、結局耕史クンの美しさは堪能できたんだけど、ワケわかんなすぎだしウチの好みの作風じゃないし、嗚呼たかくないお金の元を取れなかったなぁなんて経験をしました。
フランス語の授業で『パリ ジュテーム』の中のいくつか見せてもらったんだけど、わかるんだけどしっかり咀嚼できないんだなぁ・・・というカンジで(まあこの作品はヌーベル・バーグ路線ってのもあるんでしょうけど)
だからこーゆーわーっと人が出てくるオムニバス形式ってキャストがすごいから気になるんだけどどうしても観に行く自信がなくて・・・

でもね、これは重たくなりすぎずところどころにコメディ要素が入ってるので、何にも考えずに純粋にストーリーを追うことができます。
オムニバス形式ではなく、登場人物の誰かと誰かがつながってて、そしてその人たちが恋をして・・・というカンジなので、テレフォンショッキングすればちょうど全員で1周できるような作りになってるというカンジです(説明ヘンだよ)

ほとんどの俳優さんが今回ウチてきにはお初にお目にかかります状態ですが、イギリスのスター大集合でそれぞれ皆さんやっぱ華がありますね。

まず本編をそのまま観て、その後副音声の監督・ヒュー・ビル・トーマスによる解説で観て、最後にもいちど本編をそのまま観ました。


ではではいつも通り感想です。
※“続きを読む”以降はネタバレありありです。








ビリーとデブのマネージャー

もう途中からはビリーが出てくるたびに何かやらかしてくれると思うと笑わずにはいられませんでした!

ビル・ナイといえばウチ的にはデイヴィ・ジョーンズで、タコ顔メイクなので素顔はこんな感じかぁってところから始まって

途中カップルによっては深刻になるところもあるんだけど、そんなタイミングで必ず彼が割り込みやらかしてくれるんでそれで笑うことによってシリアス方面に行かない。
カラッっと暗くならずに終われるのはビリーのキャラのおかげですね。

でも、あのズバズバ思ったことだけをいう人間ってのは監督の理想の人間像が反映されてるんですって。

そして、クリスマスイブにビリーは自分の大事な人に気づくわけだけど、ここの関係ってのは言わゆる男女の恋ではなくて、お互いいないと困っちゃう腐れ縁のようなものではないかとウチは考えてます。

でも、なんで「エルトン・ジョンのパ−ティーには女の子がいっぱいいて彼に絡んでた」になるんだろう???

ビリーの曲が♪Love Is All Aroundなんですね
で、この映画のテーマがlove actually is all around
主役とまでは行かなくてもみんなの恋に歌やPVでちょこちょこ現れる狂言回し的なキャラクターってことでしょうね。

♪Love Is All Around、ユニバーサルでガチPVまで作っちゃってるのがすごい。
監督も「シェイクスピア俳優にこんなことさせてごめん」と言ってるけど


デヴィッドとナタリー 

過去のスキャンダルとかチ●ーリー・シ●ンの代役話とかそーゆーイメージがあるからヒュー・グラントが首相?!と最初はおもっちゃったけど、すーっと入って行けました。

なんだろう、ダウニング街10番地の首相官邸の中のぞき見ってカンジで庶民根性丸出しでへー、首相ってこんな生活してるんだとへぇボタン押したくなりますね。
・・・べつに日本の首相官邸をのぞき見たいと思ったことは一度も思ったことないのに。
若い(・イケメン)・タヌキおやじな米大統領にもガツンとものが言えるな首相が日本に現れるのは最低5世紀ぐらいはかかりそうねぇ(爆)

そして、何といっても踊るヒュー・グラント

副音声解説によるとヒュー本人はギリギリまで拒否ってリハもしてくれなかったとか。
でもこのシーンが近くなるとキタキタ・・・o(^^)oとなります。
その後ナタリーの家へ行くときもこの曲が流れるしエンドロール後半もこの曲だし。
“デヴィッドのテーマ”でウチの脳内定着です(笑)

あとは副音声解説でやたらそのあとヒューがネクタイ気にし出した最初の官邸入居のシーン。
途中でヒューが仮眠をとっちゃったから引きのシーンと顔だけアップのシーンで違うネクタイしてる事件。
今の技術じゃ十分合成とかで対処できたのでは???

ナタリーの家の細かい住所まで分からなくて、一軒一軒訪ねて歩いて、ミアに「ナタリーは隣よ」と言われたとき、ジェイミーだけではなくデヴィッドもまた彼なりの“男の決断の時”を迎えたんだろうけど、まさかタコに邪魔されるとはねぇ(笑)

正直言って“若き首相の日々と恋”みたいなこのネタだけで膨らませて映画やったらおもしろいだろうなって思った。
秘書に恋しちゃったのに、タヌキおやじの某国大統領が彼女にセクハラしてくるし、その国にはガツンとモノ申さなきゃいけないし、妹はダンナに不倫されてるし、彼女の家を訪ねて歩いたら子供に歌をせがまれて秘書を巻き込んで歌うハメになるし、彼女だけ車に乗せて告ろうとしたらタコの邪魔が入るし、ついに結ばれてキスと思ったら衆人監視の状況だし・・・これじゃ踊りながら考え事もしたくもなるよ!!
ってな具合に。

で、ナタリーに「君をデブと言った相手を首相の権限で電話一本で特殊部隊に暗殺させることができるんだぞ」と言う。
最初はただのジョークと考えてたんだけど、これってすごいよね。
いくら恋した相手に言ってやりたくても普通の人は言えないもんね。


カレンとハリーとミア

そんな首相の妹カレンと夫のハリー、ハリーの部下のミア

ラストの空港シーンとか正直完璧な答えは出せてないんだろうけど、クリスマスイヴの夜、二人は仮面夫婦になってしまったんだろうな。
カレンはあくまでも子供の母親であって、一緒に暮らしてはいてももう夫のことをどうも思ってないんだろうな。

ハリーは自らの過ちに気付き、ミアには中途半端なんだろうけど、相変わらずミアは猛アタックなんだと思う。

監督も「周りがハッピーな分カレンには悲しみが詰まってる」と言ってるし、ここはnotハッピーエンド何だと思う。

ミアがハリーに話しかけるシーンで、監督は会話は顔のアップばかりだからスタッフに「被写体を生かせ」と言われたといって、座ってるミアを上から映すシーンがあるんだけど、確かにそれによって誘惑してるってのがわかる。


サラとカール

サラが入社したその日からずっとカールに恋してて、社長のハリーも応援してくれてる。
だから、二人が結ばれたシーンは本当に良かったねって気持ちになるんだけどそれはほんの一瞬だった・・・

ある意味でサラも弟に依存してる部分があるんだと思う。
弟には自分しかいないという変な被害者意識というかなんというか。
どんなときだって「I'm not busy.」が口から出る癖。
ハリーにも「仕事中にケータイなりすぎ」と言われてるのに、監視されてる中で治療を受けてるならお医者さんに電話は1日1回だけにするよう治療を頼むことだってできるんじゃないかな。

カールだって2年7カ月と3日もサラが気になってたのに、お互い思い合ってたのにこんなにあっけなく終わってしまうのがね。。。

せめてサラだけでもラストに出してほしかった。
ジュリエットやジェイミーとは知り合いのようなだから、ジェイミーとオーレリアを迎えに来ても良かったのでは?
なんかエピローグはいなかったみたいなかんじにされてるのがなんか残念。


ジェイミーとオーレリア

まずこれから言わせてくれ!

池に落ちるよコリン・ファース

ええと、状況説明しますと、オーレリアのミスにより強風でできたばかりの原稿が飛ばされて池に散ってしまう。
ジェイミーの制止も聞かず池に原稿を撮りに飛び込むオーレリア。

ダーシーは「この今のダメダメな俺をどーにかしたい!!」との決心から自ら池に飛び込み泳ぐわけだけど、ジェイミーは「彼女が取りに行ってるのにここで行かなきゃ腰砕けだと思われる」とか言ってあわあわしてる間に転落しちゃったカンジ(苦笑)
なんかその前に東屋の柵を超えるときにも変な悲鳴上げてるし(苦笑)

「濡れた服を着た彼は女性に好評だから、私の作品では泳いでもらってる」と監督も言ってるし、最初見たときにどうしてもダーシーが頭をよぎると思ったらやっぱそれを意識してたってことですよね。
50代に入ってアカデミーウィナーになっても泳がされるんだろうか???まあやってくれたらその時はウチは喜びますけど。

南仏にいつもの執筆滞在をするジェイミー。
家の窓を開け放って「また孤独、元通り」と言うシーンで空ける戸に天使の形にガラスがはめ込まれてるんだよね。
なんかそれがきれい。
もしウチが自分の家のドアのデザインしていいっていわれるならパクりたい(爆)
なかなか日本でああいう細工のされた戸ってなかなか見ないからね。

いまどきタイプライターで原稿かく作家先生も珍しいよね。
なんかだだっぴろいお庭でカタカタ打つには味があるけどね。

もっと言葉が通じなくて互いに悶々とするのかなぁと思ってたけど、もちろん字を追うと会話はかみ合ってないんだけど、お互いに取り上げている話題は同じ。
それでどうにか会話をしていく中で引かれていくんだね。

そして、クリスマスイヴの夜、「男には決断の時がある」と言って家族(罪深き弟含む)よりオーレリアへのプロポーズを選ぶ。
姪っ子に「ジェイミーおじさんなんか大嫌いだ」と言われようが関係ない、その一言めっちゃカッコイイぞー!!!
それくらいの男気がある人に愛してもらえるオーレリアは幸せ者だね。
今の草食ワールドの日本で「男には決断の時がある」って堂々と言える男子はどれくらいなもんか・・・

でも、手ぶらでマルセイユまで行っちゃうの?ってツッコまずにはいられなかったけど(笑)
で、そこでタクシーに乗ろうとしたらオバチャンにとられて「くやちー(じたばた)」ってなるのがなんかイイ。

それにしてもオーレリアの家族強烈ですなぁ。
べっぴんなオーレリアは奇跡?!

解説によると、最初はミアはジェイミーを振ったという設定があったけど、それだとオーレリアとの恋が埋め合わせのようになってしまいピュアにならないのでやめたと監督がいってたけど、もしその設定をそのまま使ってたとしたら、ミアどんだけ魔性の女なんだよ・・・

マーク(とジュリエット)

なんだろう、1回目観た時はジュリエットはマークが自分のことを好きでいることに気がついて、クリスマスイブのキスはそれに答えたのだと思ったんだよね。

で、2回目はマークの思いは分かったけど、自分が好きなのはピーターという思いなんじゃないかと考えるようになったんだよね。

どっちなんだろう???

でも、マークもクリスマスイブの告白の後「これでいい」と納得してるんだし、自分の気持ちに踏ん切りがついて、これからは友人の妻として接していくってことなのかなと今は考えてる。


サムとダニエル

最初ダニエルは泣き妻が残した連れ子のサムとどうしていけば悩んでいるわけだけど、サムの恋を通して2人はステップファミリーというよりも恋を経験した“同志”という堅い絆が生まれたのではないかなぁと思うんだ。

サムが恋煩いで眠れないなら「ケイトとレオの力を借りよう」とタイタニックごっこをしたり、恋愛ドラマはラストが肝心と励ましたり、ほほえましい父子関係です。

ラストではどうやらダニエルにも恋が芽生えたようだけど、ダニエルが「お母さんを愛するので恋は最後だ」「もう恋はしない」と過去に言ってたとしても、自分も恋を経験したからサムがそれに怒るってこともないのではないかと思った。
実際相手の女性の子ともそれなりに仲よさそうだし。

クリスマスイブの発表会でドラムを叩くサム
ジョアンナがyouの歌詞のところで自分以外の人も指してふくれるところもかわいい(*^o^*)

そして、何といっても空港のシーン。
未公開シーンだとサムは新体操が得意で空港の中を新体操で立ち回るんだけどカットになってて。
どーりでちょこちょこアクロバティックだなぁと思ったけど。
でも、そっちの方がよかったよ。
ただ走るだけのシーンの方がサムのピュアさが伝わるよ。


ところで、ちょこちょこ出てくるローワン・アトキンソン
Mr.ビーンのぽっちゃり気味?のイメージでいたので驚きました。


おおっとスイマセン
またいつものノリでだらだらと感想を書き連ねてしまいましたorz


解説聞いててコリンをイジるヒューが面白かった(笑)

ジェイミーのシーンが出てくると「Oh〜, まだ出てくるのかよ・・・」みたいなこと言ったり、監督が「この美しい別荘(ジェイミーとオーレリアが出会う南仏の別荘)一帯は撮影後に熱波で焼失してしまったんだと説明すると「コリンも一緒に燃えてしまえばよかったのに」とか(←ヒドッ)、「残念だけどこのシーンは彼女(オーレリア役のルシア)で持ってるな」と言ってみたり。

タイプは違う俳優さんだけどライバル意識が見えました(笑)



かわいいよサム!健気だよサム!もーね、おねーさん君のこと好きになっちゃった

この作品で一番ウチの心をとらえたのはサム役のトーマス・サングスター

きらきらくりくりの瞳にふわくるのブロンド

なんかこんな弟がいて心がなごまない女性っていないだろうなぁなんて考えてたのですが、

検索してみるとウチのたったの1コ下だった。

・・・そうだよねこの映画は2003年だったんだもんね。
まだウチだって中学生だたんだから大きくなるもんね。

最近だと『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』にポール・マッカートニー役で出てたんだって。
(この映画、観たかったんだよね。八戸フォーラムで1月にやってたんだけどウチが帰省してたのは正月だけだったから観れなかった)

解説版でヒューと話してたところによると、ヒューのおばあさんとトーマスのひいおばあさんが姉妹なんだって。びっくり

そしてもひとつ検索して出てきたのが『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』
主役がカレン役のエマ・トンプソンで、コリンとトーマスが親子役だって。これまたびっくり

これは観てみたいo(^^)o

どうやら市立図書館でも持ってるようだからいつか借りなきゃ!!


ウチはなんで5月なのにこんな気温なんだーっって時期に観たけど、12月に入って街がクリスマスモードで浮かれ始めたころに是非オススメです、『ラブ・アクチュアリー』
  • 2011.05.22 Sunday
  • 15:47

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 15:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback