Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

LIVE

BON JOVI『THE CIRCLE TOUR』(10.11.30)

「行こうかなぁ、どうしようかなぁ」と何度も友達にぐちぐち言ってたら「もう行ったら?」と背中を押してもらってチケをとったBON JOVIのライブ行ってきました。

一気にハマったとはいえ、聴き始めたのはここ2〜3年でまだまだにわかの域
約1ヶ月ベスト盤で予習して。
んんん、ツアータイトルは『THE CIRCLE』って入ってるからベスト盤で予習しちゃだめかなぁと思いつつも。

SN3D03250001.jpg

アヴリルのライブの経験からグッズは早めに行って並んだ方がいいなぁと思い、真面目な用事を済ませた後3時半ぐらいにウサギ小屋へ到着。
と思ったらもう500人ぐらい並んでんじゃね。。。

並び始めた途端に整理してた警備員さんが「今日のスタッフ空いてるのに声かけないから進みが遅い」と言ってただ並ばせるわけじゃなくレジの前もさばき始めたのでサクサク進み始めた。
よかったー。
1回に100人ぐらいずつレジに進ませるから本当に回転速い。
レジの数自体もアヴリルのときの4倍はあったと思いますよ。
あのアヴリルライブの地獄を思い出すとさすが経験者はこの辺の要領も心得てるなぁと。

で、4時には買い終わりましたよ
パンフとエコトートバックとギターの弦のネックレスを買いました
周りの方もそうですが、売り場入り口の跳んでるジョンの写真写メしたかったなぁ。
係りの人が「停まらないでください」って言うから。

その後、母者に頼まれたものを買いに一旦銀座へ行き、ご飯を食べて6時半ぐらいにウサギ小屋へ戻りました。

で、その銀座で山野楽器に入ったんだけど、1FからB1へ降りる階段のところがBON JOVI来日特集になってました。
1人ずつ大きいのと他に何枚か。
おそらくこのツアーの写真


で、入場。

ウチはOhゲートだったんだけど、22番ゲート並んでるなぁと思ったら、そっか!ウサギ小屋って手荷物検査あったんだもんね。

で、ウチの席からはこんなカンジ

SN3D03260001.jpg

例のVIPシートは丸く囲われてます。
で、ただの壁かと一瞬思ったのですがステージと繋がってる。
(他にいい言葉が見つからないので勝手に“銀橋”と呼んでましたし、ここでもそう呼ばせていただきます。ヅカ用語だけど)

先日のデイヴィッド・フォスターのコンサートでやぐさんから「外タレって時間通りには始まらないから・・・」と教えていただいたし、まだ入場できてない人も多いのでどうなるものかと気になっていたら19:05に♪This Is Our Houseが流れはじめました。
アリーナで次々とスタッフさんが配置されていくし、立ち上がる観客の方の視線がバラバラなのでえっ、どこから出てくんの???とワクワク

で、客電が落ちて始まります。

セトリはこちらを参照してください。
スイマセン、今日のレポは気になるところをひろいひろいです。

♪Blood on Blood、so youngとしっかり歌ってウチものっけからエンジン全開です
サビのBlood on blood〜と旋律があがっていくところのジョンとリッチーのコーラスが気持ちいい

そしてお次は♪We Weren't Born to Follow
ここでスクリーンに映る映像が日本仕様。
王さん、本田圭佑、向井千秋、たけし、坂本龍一、なんと龍馬まで登場するんです。
なんか名実ともに世界の方、今世界を盛り上げている方、巨匠、日本で盛り上がってる歴史上の人物と人選のバランスがいいよね。
選んだ人GJです。まさかジョンが選んだりしてるんじゃないよね?!?!

でね、映像の使い方がすごいんだよね。
この♪We Weren't Born to Followや他にも何曲かリアルタイムの映像がアンディ・ウォーホル的色調になったりネガみたいになったりするんです。
外側のスクリーンには素の映像、内側には加工された映像、なんかすごいなぁ。

で、間髪いれずに♪You Give Love a Bad Nameが聴こえてくる!
その瞬間会場中がキャーだったのですが、すいません、吹き出してしまいました_│ ̄|○
だって、カ●プヌ●ドルとか●奴とかが頭をよぎって。。。
よくよく聞けばニセモノだってわかるけど最初に見た時はショックだったし。
グッズ売り場で並んでた時も入場してからも公認だし鬼奴出てくるかもよ」ってって期待(?)の声が耳に入ってきて、もし現実だったら心の準備できてねぇーって。。。

まあそんなの10秒もかからず終わり、あっという間にノリノリになってbad name〜って歌ってましたよ。

個人的にはこの曲は原曲キーよりライブのキーの方が好きですね。

♪Lost Highwayの映像もすごいの。
車のミラーのところだけ生のステージ映像なんだ。

本当にこの技術。
日本だと後ろの人向けに顔が見えるようにしてる補助的にしかスクリーンって使わないよね。
こんなに高度にある種のアートとしてスクリーンを使うのに新しいものをみた感じがしました。
まだまだ日本のアーティストでは見れないものを観たカンジです。

♪Whole Lot Of Leavin'、聴き入りました

♪It's My Life、もうサビ熱唱しました
スッキリのランキングでもやってたけど、やっぱウチもこの曲が一番好きなんだよなぁ。
初めて聴いたときに心にビビビと電気が走ったんだよね。

♪I'll Sleep When I'm Deadの最後はジョンのギターソロでキメっ。

♪Bad Medicine、スクリーンの映像がホットパンツのお姉ちゃんがK-POPばりに腰をくねくねさせてるアツイ映像で、あぁ、アメリカらしいなぁと思ったり、不況しか知らない世代にはそのバブリーな感が結局よくわかんなかったり

で、感想のところでジョンがサポートギタリストの方を紹介
・・・と思ったら

♪Pretty Woman

これが結構イイんです。
あれっ、カバーなはずなんだけど、でもリチャード・ギアの映画の主題歌の本人みたい。実はあの映画の主題歌ってBON JOVIがゴーストアーティストなんじゃないの?!ってずっと頭の中をぐるぐるするような出来です
ボーナストラックでもライブDVDでもいいのでソフト化しないかなぁって切に思いました。

コーラスがサポギタリストさんなのですが、自分が歌うところになると一生懸命つま先立ちでジョンのマイクに近づこうとされてるのがちょっと微笑ましい。

リッチーのコーラスもそうなんだけど、ひとつのマイクで歌う姿、もし何も知らない人が目にしたらヤバイっ、近すぎだからって思いそうなんなんだけど、その普通の人がやったらヤバくて危ない近さも
彼らだとBON JOVIの絆やチームワークに感じられて素敵ですよね。
太郎さんと広樹さんのアイコンタクトの話じゃないけどウチも友達とこういう関係を築けるようになりたいなって羨ましくなるよね。

で、終わるとまた♪Bad Medicineに戻ります。

その後、ジョンが「リッチーが歌うよ〜」みたいなことを言ってリッチーの♪Lay Your Hands on Meへ。

本当にリッチーも歌上手いです。

もちろんウチもLay your hands on me〜 と熱唱しました

曲も終わりにさしかかったころあれっ、冒頭はジョンは奥の方にいたカンジだったんだけど、どこへ行ったんだろう?と気になっていたら銀橋(←だから銀橋じゃないってば)にいました。

それまでの黒の上着から水色のシャツへ

♪What Do You Got?から始まります。

その後はティコはカホン、デヴィッドはアコーディオンで4人銀橋に集結。
普段ならボトムはドラムどベースなんだろうけど、そんなワケでリッチーとジョンのギターがボトムになって曲が進行してるかなって感じました。

始まったころはVIPシートうらやましいなぁなんて思ってましたが、ここではVIPシートに背を向けてウチらの方を向いて演奏してくれるので普通席の最前列羨ましい・・・と。
VIPシートの人たちは席を離れることが許されてるらしく足元に集まって触ってたりしてたんじゃないかなってカンジでしたけど。

♪Work for the Working Man

流れ作業用にオートメーション化された機械のような人間がただひたすら働かされるアニメーションがバックで流れます。

そしてサビの♪Work〜のところはジョンのマイクに他の3人がコーラスする。
4人でひとつのマイクで歌う。
ここでも絆を感じました。

銀橋コーナーがおわりステージに戻ったところで聴こえてきたのはデヴィッドのキーボードのあのメロディ!!

♪Runaway

もちろんウチもだけど会場中がギャ〜

ただサビのところでハイになるだけじゃないんだ。
もう曲のあいだ中会場全体がギャ〜なの。

続いてスクリーンに四角い赤い笑顔が表れてその瞬間にギャ〜♪Have a Nice Day

すいません、もうこのテンション押さえきれず半分空耳アワー状態にもかかわらずサビで熱唱してました(汗)

♪Keep the Faith

ジョンは2個のマラカスをしゃかしゃかふりふりしてます。
片手はマイクだからもう片方の手で2個とも振らなきゃいけないって考えるとこれって簡単にはマネできなさそうね。

そしてここで一旦本編終了。

さすがにそろそろウチもライブ慣れしてきたのでライブというのはアンコール込みで計画されているということを理解し、わかってはいても

また出てきてくれるよね、まだ全体でLivin' on a Prayer熱唱してないもんとちょっとドキドキ。

そして聞こえてきたのは♪Wanted Dead or Aliveの前奏。
もちろんここでもギャ〜です。
ジョンはグレーのヘンリーネックのTシャツに着替えてました。

そして最後のジョンのMC
ウサギ小屋って音響そんなによくないって聞いたことあるんだけど、オーディエンスのギャ〜で聞き取りにくいってのもあるんだけど、英語がわからないってのもあるんだけど、反響してずっとMCが聞けなかったんだ
でもここではジョンが涙目になってるのがスクリーンに映って全体的に静かになりました。

「27年前、世界で始めて成功した国がこの日本で〜」みたいなこといってました。

そしてアカペラで始まったのは・・・

もちろん♪Livin' on a Prayer!!!

もうテンションMAXです

このライブに行こうかどうか迷っていたとき、『洋楽倶楽部80's』で高嶋兄とジョン・カビラが「秋の来日公演でもこの曲で熱唱して盛り上がんなきゃ」と熱く語ってたんですね。
それを聞いたときウチも会場でジョンと一緒に♪Ah〜 livin' on a prayerって歌いたいっ(≧▽≦)/って思ってチケとって。
正直に白状するとこれがBJライブデビューのウチにとってはここでサビを大合唱することがが一番の目的で。
だからもしもセトリに入ってないなんてことがあったら高嶋兄はどう責任とってくれるんだ〜なんてくだらない冗談も心の中で考えながらこの日を待ってたんです。

もちろんウチも周りの皆さんに合わせて大合唱です

しかし、頭の♪Blood on Bloodから飛ばしてたのでウチはもう声出ないよぉ〜。
できれば調子のいいノドで歌いたかった
・・・って、もっと大変なジョンに失礼ですね_│ ̄│○

もう幸せ。
時が止まってほしいくらい。

そして曲が終わるとメンバーもサポートの皆さんも前に出てきてご挨拶。

もう1回ぐらいアンコールがあるのではないかと期待してましたが、ないとわかって残念。
時計を見ると21:30だししかるべきタイミングかなぁとも思いますがウチ的にはそれまでもMaxだったテンションが♪Livin' on a Prayerでテンションが限界を超えてのMaxになっただけにここで終わられちゃぁというかクールダウンがほしいというか。

客電がついてほんとに終わっちゃったんだ。。。という喪失感というかなんというか・・・

で、人数が人数だけに規制退場のアナウンスがかかるのですがそのBGMは♪Learn to Loveでした。
♪Halle halle〜としっとり余韻を残しつつ心を落ち着かせるクールダウンになりました。

ちなみに、ウサギ小屋の外へ出るときそんなに飛ばされる感覚がなかったです。
アトラクション的に
前回のような圧を期待してたのですが(←不謹慎)

行きはJCBホールの方を、帰りはJRAのビルの方を通りましたが、露天がすごい。
ちなみに、22時前の水道橋駅前にはもう本日のステージ写真を売ってる人がいました。

ウチはウサギシティの敷地内の本屋さんを通ったら通りに面してこの本この本でBON JOVI祭状態になってたので多くの日と同様立ち読みしてました。
周りからは「若い〜」「カワイイから」「今日のうちの半分ぐらいの若い人たちってこの頃知ってんのかな?」等聞こえてきました。
・・・スイマセン、ちょっと知らないです


さて、感想

中2の太郎さんのコンサートに始まりいろいろ(って数えられる程度ですが)ライブを観てきて、こんなに最初からハイになれて一体になれた楽しかったものははじめてです
満足満足(≧∇≦)


それにしても25年以上も世界のトップを走り続けるカリスマ性をジョンに見せ付けられました。

俳優業もしていたからでしょうか、カメラへの見せ方が巧いなぁと。
曲の終わりでの顔の残し方がさらに雰囲気に余韻を持たせますね。

そして、自分の動きにあわせて♪ジャン、♪バンとやってしまう。
ただノッてるようで指揮者のようなその動き。

あまりウチは外人さんにほれるタイプではないのですが、日本の女性ファンのうちの何割かの方の気持ちがわかったような気がします。

よく写真なんかで見る、今日のグッズ売り場で多くの人が写真を取ろうとがんばってた、一体何cm跳んでるんですかーっていうジャンプですが、ウチが見た限りでは今日は繰り出されなかったようです。
どんなに高く跳ぶのかこの目で見てみたかったので残念。


『The Circle Tour』と銘打っているものの、ベスト盤発売というタイミングもあったのでしょうが、BJライブデビューのまだまだ初心者のウチにはあの名曲もこの名曲もというカンジで導入編というか(←いい意味で)改めてBON JOVI再発見というかこれからもっと好きになろうという感情が自然と奥底からわいてくるカンジでした。

だからせっかくここまで名曲揃いなら♪Alwaysも聴きたかったななんて思ってしまうのですが


よく「ウチももう二十歳過ぎたんだし運動してないし年だよ。女子高生にはかなわないよ(笑)」なんて会話を冗談半分にするんですが、
BON JOVIはこんなにパワフルなライブをやってるんだ。しかもハードスケジュールで。25年以上も。
と思うとそんなこと言ってちゃだめだと反省ですね
しかしあのパワフルさを見てると彼らは不死身なんじゃないかと思う。


もしこのライブが映像化されるなら買いたい!
そして今までのライブ映像も全部観てみたい!!


初BJライブで今までで一番感動したライブ。
しかも記念すべきウサギ小屋外タレ新記録の40回目に立ち会えたこと。
これからは何が何でも必ず来日公演には参加したいなぁと決意を新たにしました。
しかしヤホーニュースの書き込み見てると仮に土日公演ならウチみたいな人間はチケ争奪戦に負けてしまうのかなぁと不安になってしまう。

本当にいいライブでした。
  • 2010.11.30 Tuesday
  • 22:53

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 22:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback