Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポーツ

けっこう重大発表かもしれない?

何年振りかで見たいなぁ、応援したいなぁと思える甲子園の季節がやって参りました。

ウチらが中学生のころは八戸あたりの野球トップレベルの子は「工大一に行くんだと言ってたもんです。
光星とか山田なんかに行かなくても、青森っ子だけでも甲子園に行ける力をみせてやるんと。
確かに、この2強以外で最近甲子園行ったのは工大一ですしね。

もう10年ぐらいで、何が?どーせ甲子園に行くための手段でしかないでしょってカンジで応援したいと思わなかったんですよね。
だから、Gの坂本とか元Mの柳田とかがドラフトで指名されたって盛り上がらない青森県民。
ウチなんかもどーせプロへの踏み台に利用したんでしょってカンジで。

そして、今でもトップレベルの地元っ子たちが地元パワーで戦うチームが甲子園へ行けるというのが本当に嬉しいんです。



ででで、

明後日の工大一高戦見に行きます!!!

工大一に決まった時点で、悪いけどもう光星・山田以外の地元っ子チームが進むのは厳しい時代かもしれない。 行くしかないと父者は考えていたようで。
ウチも同じこと考えてました。
それに寒冷地仕様の肉体だから炎天下での応援なんて若いうちじゃないとできないかもしれないと(苦笑)

そーゆーカンジではいたんですが、実際に昨夜行こうとリアルな話になって。

最初は八戸駅のびゅうのバスツアーを利用しようと考えていたようですが、組み合わせ発表の昨日の今日でびゅうに問い合わせてもてんてこまいでいい回答が得られなかったようで。
それにウチがそれだと合流できないし。
ということで、ついさっき(夕方)新幹線で行って当日券買って見ることにしました。

父者曰く新大阪からは阪急電車で移動するとか
ヅカポスターいっぱいの阪急に初めて足を踏み入れますよ〜(←そこかい)
で、土曜の夜は大阪に泊るらしいですよ〜
実は大阪に泊るのは初めて。
それに大阪自体初めて。
ウキウキ

全て父者がやってくれるしお金も出してくれるのでついてくだけなのですが、なんせネットがないcynthia実家。
チケットの購入方法とかはウチが調べるハメに。
通話料タダとはいえいちいちネット見ながら電話でやり取りしてます。

昨日の今日で、早速今日から夏休みでも今日から予定が狂ってしまっていたのですが、それでも一生に一度のチャンスかもしれないのですごーく楽しみです

【どーでもいい悩み】

父者の早寝早起きというのがえくせれんとなんです。
最近の記憶だと9時のニュースを何とか見届けてソッコー寝て5時ぐらいには起きるからね。
なんとかホテルで『ハゲタカ』は観れても『先輩ROCK YOU』までは観れないかも(泣)

で、なぜか明日は家に泊るらしい。
東京で合流すればいいのに。
これから明日までひたすら掃除だー_│ ̄│○
(只今一人暮らし史上最強の汚部屋状態です。。。)
  • 2010.08.05 Thursday
  • 21:07

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 21:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
甲子園。私が高三の時に初出場で行って来ました。
(20年以上も前の話、バスで移動行きが14時間、帰りはお盆の渋滞にはまって22時間!)
懐かしいですね〜。思いっきり甲子園味わってきて下さい!
とにかく暑い!暑い!暑い!ので気をつけてね〜。
かちわり(ただの氷水)が凄く美味しかった記憶があります(笑)
  • あつやのぱぱ
  • 2010/08/06 7:39 AM
【あつやのぱぱさん】

コメントありがとうございます。

第二試合の成田vs智弁和歌山の後半から見てましたがとにかく暑い!暑い!暑い!
第三試合に入ると少し和らぎましたが。

かちわり氷はひたすら身体に当ててましたが、思ったより溶けるのがゆっくりで驚きました。
そしてある程度溶けてからはひたすらチューチュー吸ってました(笑)
かちわり氷の値段はいいとして、他の飲み物類は値段設定が高っ!っと父者とささやき合ってました(汗)
  • cynthia
  • 2010/08/09 2:21 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback