Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

OGさん

『愛と青春の宝塚』@るいさん編

どのバージョンが観られるかわからないまま(汗)行ってきました。
『愛と青春の宝塚』

リュータン:リカさん
 タッチー :さえこさん
   トモ   :星奈さん
  ベニ  :るいさん

ん〜っ、かしさんが観れないのはちょい残念だけどこないだ生で楽しんだし、るいさんの退団後のお仕事はものまね以外に観れてないからラッキー。

※以下、ネタバレありです。
 ご注意を。
 順序無視して思い出した順に書いていきます。

すいません、今日は時間がないので仮アップで書けるところまでm(_ _)m

予科生の掃除なんだけど、八千草薫だったかが自分たちのころは掃除のおばさんがいたから掃除なんてしなかったって言ってたのを昔どっかで読んだことがあるけど、この時代にキビシ〜イ予科生の掃除はあったのだろうか???

“角は直角に曲がる”とか、“上級生を見下ろす位置に立たない”とか音楽学校の内部を覗いてるみたいです(^m^)

リュータンさんのプライベートのカッコが気になる・・・
時代が違うからかな?
今は男役ましてトップさんならぜったいスカートはかないよね。
現に昨日だってオサさんがN●K17年間スカートをはいてこなかったから退団後にまずしたことはスカートをはくことだったけど違和感アリアリだったって言ってたよね。

初舞台ロケットで頭にエッフェル塔って、マリー=アントワネットか???
現実にこんなかぶりものしたロケットは無い気がする・・・
♪モン・パリとか♪おゝ宝塚とかタイトルは知ってるけど聞いたことがない曲も聞けた!

前にも書いたことあるけど、やっぱさえこさんのちょっとしゃがれたというかハスキーというかロックっぽいというかあの独特の声が好きだ!!
第2部くらいまでのツンツンしたタッチーがこのさえこvoiceでリアルになります。

当初は男役のトモ。
そのシーンるいさんで観たいなぁと思ったり
やっぱ男役のるいさんも観てみたいじゃん。

オサムが「世界に名を残したい」みたいなこと歌うんだけど、立派に残したじゃん。
十分世界的だよ。(もうすぐ公開の『ATOM』が気になる・・・)

あんなに厳しい世界なのに先生と生徒が恋愛に発展するのでしょうか???
ってか、そんなことするヒマないくらいハードな日々なんじゃないの???
単に時代の違いか???
あんなに厳しい世界の出なのにあんなわがままっぽい性格になるのかも気になったり(爆)

休憩ってどうなるんだろうと不思議でいたら、スクリーンにロゴをバックに10分前からカウントダウンされて行きました。
ピアノのクラシックが流れるんだけど、ヅカ感を途切れさせないためには最近の『エリザ』あたりでもいいからそっちの主題歌のピアノを流した方がいいんじゃないかなぁ。

タップで失敗するベニを励ましたり、船酔いするタッチーを励ましたり
ラストシーンでは若干のデュエットあったり
やっぱかしるいで観たいなぁと思ったり

家が橘侯爵って、橘伊吹って芸名じゃないの???

とにかく第2部は何よりも戦争はダメ!!!って思いが一番大きな感想です。

舞台が暗転していく中でちょっとしか映らなかったけど、リュータンに日記を読まれたことに気づく影山先生。
そうか、先生はタッチーに何かを感じるんだね。
速水中尉をタッチーに会わせてあげるのも愛情からなんだね。
リュータン→影山→タッチー→速水の一方通行。あっ、タッチー←速水でもあるけど。

空襲のシーン。
タッチーなんかいなければいい・・・
でもタッチーがいないと先生が悲しむ・・・

ここにリュータンのアネゴ肌というかなんというか性格が表れてるなぁとウチは思う。
タッチーが自分のライバルになりつつあることに恐れていたり、先生が好きなのはタッチーだから嫉妬したり。
でもそれはトモに「私が守る」と言ったように、タッチーも守りたかったんじゃないかなぁ。

最後は先生も本当の気持ちに気づくんだけど。

ところどころでリュータンが言う
トップになるには運が必要だと。

ケチつけてるように思われるかもしれないけど、今回のキャスティングでもそのセリフを痛感するというか。。。
ラストでトップになるタッチー。
でもリュータンと違いナイアガラつきの羽根を背負うことはなく。
リカさんとわたさんはそれまで波乱はあったけど長く満足するぶんトップをつとめあげられた方。
でも、さえこさんとかしさんはうましか理事長の好き嫌いわがままにふりまわされファンにすれば必ずしも納得するわけではないトップ期間だった方。
星奈さんと大鳥さんは『ベルばら』とか『エリザ』とか大作でヒロインをした方。
るいさんとえみくらさんはそれに比べれば・・・
何度か出てくるそのセリフに否応なしにも痛感させられてしまったね。

  • 2009.09.02 Wednesday
  • 21:51

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 21:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback