Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

OGさん

貴城けい オン・ステージ2009 劇的素敵空間 ―わたしの好きなJ-POP― (2009.08.02 13:00)

ついに来ました!かしげさんのコンサート

竜馬なかしさんではなくて貴城けいとして歌う、男性の歌(男役?)があるらしい。
ウチの席は14列目、キャー近ーい

090802_1521~020001.jpg     090802_1520~010001.jpg

なんかポスターの男性の方のかしさんがGacktっぽいなぁってずっと感じてたんですけど(爆)、どうでしょう?

会場に来て、ついに来たんだなぁと興奮がすごい。
ずっとまたかしさんを観たい!かしさんの男役が観たい!と思ってただけに、今回のポスターが男役もやるよって言ってるようでうれしい。


※セリフやMCは一字一句正しいわけではありません。ニュアンスな部分もあります。
 ご了承お願いしますm(_ _)m

もぎりより手前にグッズ売り場

SN3D01310001.jpg

ストラップとか手帳とかも売ってるのかなぁと思ってたけど、今回のコンサートグッズしか無かった。残念。

公演パンフは必ず買う派なので写真付きフォトブックを購入。
写真はもちろん男役が2枚のCセットをつけてもらいました。

Cセット.jpg

ペンライトも売っててこれは振れってことだなと解釈しもち購入。
どうやら今回のコンサートはピンクがテーマカラーっぽいのですがピンク売り切れでブルー。

ポスターとTシャツは買わず。


その後もぎりをして席に着く。
14列目、ホントに近い

上の方にボックス席があり、るいさんとかいらっしゃらないかなぁと探すもよくわからず。
右側のブロックに座ってたので、右側のボックス席は見えず。

ステージ上は薄い幕だけがかかってる状態。
ポスター同様ゴシックなカンジ。

そして開演。

幕  劇的空間 ドラマチック・スペース『胸の振り子』

胸の振り子(インスト)
一杯のコーヒーから
序曲(Anything Goes 〜 バイバイ上海)
蘇州夜曲
想い出のブルース 〜 雨のブルース
夜のプラットホーム
おしゃれ娘
ラッパと娘
バラのルムバ
バイバイ上海
胸の振り子

もうね、登場は男なんですよ〜、しかも軍服
かしさんの代名詞白軍服ではないんだけど男役が観れるからよしっ。

舞台は、ジャズが禁止されてることなんかお構いなしの上海のクラブ。

この方、どうやら川島芳子がモデルのよう。(芳子ならかつてるいさんも演ったね)
名前は名乗らないんだけど、清の生まれで女学校を出た後日本人の養子になり、両国をまたにかけてるんだって。
モデルというより芳子かなぁ???
女学校時代に作った居場所のなさをうたうような詩を口に出す。

なんだろう、より声が低くなったようなみがきがかかったように感じるのはウチだけ???

招かれざる客が来るだろうからと言ってひっこむ男装の麗人。
そして、この夜がバンドのメンバー達にとって上海でジャズを演奏する最後の夜になるだろうと。。。

そして、まちこまきっていうの?あのファッション?
頭にスカーフ巻いてコート着て女性として登場。

2曲ぐらい歌うと次はチャイナドレスで登場。

歌いあげて行くと途中で男性客があらわれダンス。
リードされてるよ〜。
でも、脚の上がり方とか動きは変わらず。

けっこうイイ雰囲気なんだけどいきなり怒鳴りだす男性客。
「男装した軍人が来なかったか?」と男性客。
「楽屋の方で見たかもしれない」とかしさん演じる歌い手。

おびえるバックダンサーたちに「彼は中国共産党のスパイだ」と教える歌い手。

その後ずっと歌っていきます。

だんだん、もしかして歌い手と男装の麗人は同一人物=川島芳子なんじゃないかと感じてくる。
招かれざる客とはこの中国共産党のスパイの男ではないかと。

歌い終えて女性陣が引き上げたところで男性登場。
バンドメンバーに「ただじゃおかないぞ」と怒り、川島芳子の名を叫びながら消えていっておわり。

あぁ、やっぱりそうだったんだと合点。

もう一度冒頭の詩の朗読がカゲからあって一幕終わり。

たったの40分、あっという間

休憩中にペンライトの販売が客席を練り歩く。
ってなワケでウチも買っといたペンライトをポキッ。
電池式じゃないんだ、時間が経ったら消えてしまうのがちと残念。

はじめてライブでペンライト振るよ、楽しみ楽しみO(≧▽≦)O

幕  劇的空間 ファンタスティック・スペース『わたしの好きな唄』

セットは工事現場の鉄骨みたいになってます。

The Gold Finger(インスト)

黒のラプソディー

かしげさん、超ロックファッションで登場
前列でTシャツを着て、総立ちになるヅカ時代にはFCの幹部であっただろう方々。
そろそろと波のようにスタンディングになるが2列ぐらい前でピタッっととまる。
浮くの必須でそれでも立つウチ。だって後悔したくないもーん。
(後ろの席の方、見えてなかったらごめんなさい)

ローズ

ヤバイ、この曲くるわぁ〜
最初はヅカじゃ考えられないライブハウス的雰囲気にのまれて曲は右から左へスルー状態
でもね、途中の♪死を恐れては 生きてはいけない♪みたいな歌詞のところですごくグッっときて。
同じメロディの繰り返しだけどだんだんクライマックスにむかってじわじわくる。
しかもロックバージョンだからロック好きとしてはなおよし
1回聞いただけだけど、即お気に入り行き決定!

ここでMC。

しゃべり方はかしさんらしい。
だから笑いもあり。

氷室ックを貴城ックにしてみましたがいかがですか?
ちょっとマニアックな曲ですが覚えて行ってくださいね。


♪ローズ♪は『ICARUS』の主題歌でした。その時私は歌ってなかったんですが。
T4コンサートのときは普通のバージョンでしたが、今回は『黒のラプソディー』の次ということもありロックバージョンにしてみました。

ここでいったんかしさんは退場でしばらくはバックのみなさんで歌います。

The Sidewinder(インスト)〜
Stand By Me〜
What'd I Say〜

この辺で赤のドレスのかしさんが再登場し、歌に合わせて客席とかけあい
歌ってない人みえてるぞーだって。

で、曲が終わったらMC

最後の『GOLDFINGER'99』のサビ部分の振り付けを伝授。
昨日は先生なのに散々間違えちゃった
周りのメンバーに「がんばって、先生!」フォローされるかしさん。

その途中でかわいいねぇ〜、うめちゃん

・・・うめちゃん?!?!?!
もしかして・・・

元宙組娘役トップスターの陽月華さんです!!

拍手
いたー、2列目中央に座ってた!
中腰で立ち左右後ろにお辞儀する陽月
周りがコンサートTの中で私服。髪型は肩につくかつかないかぐらいのショート。
まさかこんな形で初生陽月になるとは堯゚〇゚;)

今度は3列目中央に向かって手を振るかしげさん
元宙組組長の美郷真也さんと元雪組の悠なお輝さんがいらっしゃってます!!

拍手

もー、髪伸びすぎって悠さんに振ってました。

どこまでやったかみんな忘れちゃっただろうからもう一度最初から
で、もう一度。
今日は間違えなかった

Unchain My Heart〜
Hit The Road Jack〜
Unchain My Heart〜
On Broadway

愛の幕切れ

アドロ

MCではこの♪アドロ♪という曲について説明されてました。

ここでかしさん退場

しばらくは鉄骨セットに上って女性陣2人で歌います。

J-POPメドレー
GOLDFINGER'99(インスト)
真夏の夜の夢

おおーっ、ユーミンと思ってたらかしさん再登場
今度は超ミニのピチピチキャミです(゚◇゚;)

匂艶THE NIGHT CLUB
Butterfly

↑倖田來未の曲、衣装が衣装だけに説得力あります。

Identity
飾りじゃないのよ涙は
恋のABO
ジェットコースターロマンス
GOLDFINGER'99


きました!
もちろん総立ちで踊ります。

そんな中かしさんが客席におりてきたー

前の方の人達と次々ハイタッチしていくかしさん。
ジェンヌ時代にはFCの幹部であっただろう人達で顔も名前もわかってるからかなぁ???と思ってたケド、手を出せばウチもハイタッチできるかなぁともじもじしちゃう・・・

そうこうもじもじしてる間にかしさん通過。
通路側から2番目に座ってたから超至近距離
通過してもなお手を出せばいいかなぁともじもじしながらガン見してたら気がつかれたのか一瞬振り返ったかしさん。

見たよね!
今完璧にウチの方見たよね!!
一瞬ウチと目が合ったよね!!
思い込みといわれようがそーゆーことにしとこう!!

目が細いし、超近視&乱視なのに普段裸眼なのでただじーっと見てるだけでも「眼力がある」と指摘されることのあるウチ。
ちゃーんとメガネをかけていたけど、ガン見効果でそーゆーオーラを発揮したということで。
やっぱガン見は効果あるなぁ〜

ステージ上だとナチュラルメイクだなぁと思っていたけど、近くで見るとやっぱり舞台メイクだなぁってカンジ。

総スパン黒地の衣装に赤が入ってるなぁと思ってたけど、近くで見たら無数のリップルマークでした。

その後、後ろの席の人達でも手を出した人にはハイタッチを返してくれてたので、あぁ、やっぱ手出すんだった。。。と後悔
でもいーもーん。超至近距離で目があったんだから。

ステージ上に戻ると最後に感謝の気持ちを込めてみたいなことを言って。

Best Friend

アンコールかける気満々でいたら降りてきたのは緞帳ではなく開演と同じ薄い幕。
客電も落ちたまんま。

またかしさんは登場してくれると嬉しくなる。

アンコール

奇跡

ジーンズにピンクのグッズTでポニーテールといういでたち。
紙を結ぶかしさんを生で見るのは初めて。
よくチャームポイントと語ってらっしゃるおでこが目立ちます。

初めて聞いたんだけど、いつもかしさんが最後に歌う曲だからきっと奇跡に違いないと。

泣きながら、涙をこらえながら歌われてました。

今度は緞帳が落ちる。
でも客電は落ちない。

で、またアンコールをかける。

緞帳上がる。

拍手

最後は奇跡というおなじみの曲でしたが、最初から最後まで歌うの初めてでした。

退団後初のコンサート、やりたいやりたいとお願いしてやっと実現しました。
正直なところ、オスカーのやり方に少なからず疑問を抱いているウチ。ここでは書かないけどさ。
でも、この一言からもやっぱ柔軟性の無いオスカーのやり方に疑問がさらにわいてくる。。。
それから、フォトブックの中で「退団がきまってからつらかったとき」とおっしゃってる。やぱり報道のとおりだったんだろうなぁと改めて思う。
だって、どこにトップになったからってすぐ辞めたい人がいますか?バカ理事長?って思うじゃん。やっぱり怒りがわいてくる。

こんなにセリフと曲を覚えたことってあったかなぁ。
もうこれが覚えるの限界です。
昨日は間違えたりして大変でした


今日あと一回の公演で終わりです。
あっという間でした。

その後は6日に『竹取物語』があるんですが・・・
今日2日でしょ。3、4、5、6・・・って大丈夫でしょうか。間に合うのでしょうか。


笑い

きっとかしさんはこのコンサートと『竹取物語』のお稽古を同時に行われてたのではないでしょうか?
お疲れ様ですm(_ _)m

皆さん、今日は帰りに東京駅で名古屋行きの新幹線のチケットを買って帰るんですよ〜(笑)

笑い

その後、さらにそのあとの今年の予定を発表されて、今回のメンバーを改めて紹介されて終わりました。

第2部は1時間5分ぐらいでした。

今度は本当に緞帳がおりたら客電もついた。
あぁ、本当に終わったんだなって。

1部も2部もあっという間だったなぁ。

会場を出る途中で話してた人によると、初日はかしさん奇跡で泣いて歌えなくなったそうです。


今回のコンサート、いつまでもかっこいいかしさんにしがみついてるのはウチだけで、かしさんは女性を演じることを楽しんでいるのだろうなぁって。

正直なところ何故?って思う、週刊誌にもスッパ抜かれてしまう終わり方をなさって、だから余計諦めがつかなくて。
しかもその後の事務所は"美女軍団"を売りにしてるから、ロングヘアにスカートが基本で。
ウチだけがもっとかっこいいかしさんが観たいんだっってこだわってたなぁって。

でもねやっぱり友達とも話したことあるんだけど、とうこさんもそうだけど、男役のカッコイイところに惚れてしまったのだからカッコイイところが観たくて、髪を伸ばしたりスカートはいたりするのには違和感あるなぁってのはしょうがないと感じる部分もあり。

今はまた今回みたいにいつかまた男役も観れると信じて応援していこうと思います。

  • 2009.08.02 Sunday
  • 15:10

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 15:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
GACKT THE NEXT DECADEについて書いたサイトです。
  • GACKT THE NEXT DECADE
  • 2009/08/15 8:32 AM
仮面ライダーディケイドっておもしろい。 こんな仮面ライダーは初めてだ。 画期的な仮面ライダー、 それが仮面ライダーディケイドだ。
  • 仮面ライダーディケイド
  • 2009/08/15 12:08 PM
ノーメイク
  • ノーメイク
  • 2009/09/04 9:24 PM