Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.08.27 Tuesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

耕史クン

『愛のレキシアター ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』(3/16マチソワ)

『メンフィス』から1年3ヶ月

 

「待たされたな!!」

 

ということで、耕史クンの舞台『愛のレキシアター ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』

 

を観劇しました

 

iPhoneImage.png

 

年度末で予定が読めなかったことから、当初は3月16日のマチネしかチケットをとっていなかったのですが、開演早々にこれはもう1回は絶対観なきゃでしょ!!ということで、当日ソワレのリピーターチケットを購入(これがなんでここが空いていた?!という良席で)

人生初のマチソワしました

 

すごい!!いろいろ語りたい!!と思いつつも、これから観に行く人には秘密にしたいという気持ちもあって、大千秋楽を待っての更新です

 

iPhoneImage.png局長から

 

iPhoneImage.png

 

相変わらず最近の日本の音楽を聴いていないので、ついていけるか不安でしたが、心配ご無用な作品

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 

 

以下、順不同

 

 

耕史クン演じる主人公は25年ひきこもりの35歳ニートというのは報道で知っていたけれど・・・

 

実際登場するとその見た目でも十分「お、おぅ・・・」となる

 

なのに、甘えん坊将軍を歌い出した途端に”ザ・山本耕史ワールド”へと一気に場を持っていく

 

この瞬間のためにこんなにダサダサだったんだ〜と納得

 

あ、ちなみにポスターのような出で立ちにはならないです

 

 

キャッチミー岡っ引きさんでは、まさかヲタ芸をする耕史クンを目にする日が訪れるなんて・・・とあんぐり

 

 

生で鯉のぼりが観れるとは!!

 

ちなみにソワレでは1日2回これをやるのはハードな様子

 

でも、旧石器の衣装ではキン消しボディを拝ませていただきました

(こんなにムキムキってどんな引きこもりなんだろう・・・とてもあのお家には運動するようなものはなさそうだけど)

 

 

こきんの分身ヨシツネは、蘭兵衛のようにも見えて、印籠を奪う時は弦之丞さまのようだし

 

明智演じる信長(←文字にするとわからない人にはわからないね)が歴史を改変し本能寺で死なないのなんてまさに刀剣乱舞だし

 

胡蝶さんにいいカンジに整えてもらったこきんの髪型はヒースクリフのようで

 

エピローグの古墳へGO!のこきんはマークのようで

 

もうね、たいらのまさピコさんの耕史クンの全てを見せます!というのを感じて、本当にありがとうございます!!と正座してお礼を言いたくなる

これまでの耕史クンリスペクトな作品です

 

 

冒頭の映像シーンから、え・・・そういうノリなのねと流れに身を任せていると八嶋さんの登場

 

どこまでが台本でどこまでがアドリブなんだ・・・

これはみなさんに共通することですが、このテンションを維持するって使うエネルギーが半端なさそう

とりあえず一休さんに相談だの場面はそのときそのときのアドリブということはわかったぞ

 

 

ヨシツネの性格のあのカンジ

 

組!の頃の年齢の耕史クンならこっち側をやりそうだな・・・と思うと、年齢とともにふり幅の広がりを感じたり

 

 

高田聖子さんの最後の将軍はグッとくる

 

自分がなにかこれがラストという場面でしっとり歌い上げてみたいよ(将軍じゃないけど)

 

 

ヨシツネ、明智、カオリコが新選組になっているシーン

 

新選組が出てきたらこきんはもうアレしかないよね・・・!!

 

と思ったら階段の上に現れるはあの御方!!

 

もう客席みんな気がついて、大拍手に歓声が上がる!

 

「待たせたな!!」

 

あれから15年、こうして生でトシ副長のキメ台詞が聞けるとは(感涙)

 

というか、この台詞が聞けるならいくらだって待ってあげるよ

 

この瞬間を、次は前もってわかっててしっかり構えてその雰囲気すべてを堪能したい!という思いがソワレのチケットを買う1番の動機になりました

 

「お前、その役だけはプライド持てよ」

 

と素で言ってそうな気もしなくはない八嶋さん

 

プライドを持ってこの15年たってのこの瞬間を天井にも昇る思い出堪能しました

 

「この際永倉新八でも武田観柳斎でも誰でもいいや」

 

「観柳斎はやめて」

 

ヤッシーだって観柳斎にプライド持ってんじゃんと微笑ましくなるYO

 

 

ここだけでいいから映像欲しい

毎朝「待たせたな!!」聴いてから動き出したら元気に1日過ごせそう

 

 

KMTR645

 

早着替えして、立ち回りして、ギターの早弾きして

 

よくよく考えると、これを歌いながらやってるんですから、どんだけ芸達者なんですかー!!!

 

生ギター演奏も初めてですし、あれもこれも耕史クンができることてんこ盛りで本当に贅沢な舞台(今回披露していないのはマジックとものまねぐらい?)

 

 

 

 

始まるまではレキシさんもよくわかってないし、大丈夫かな自分と不安もありましたが、本当に贅沢すぎる耕史クンの世界すぎて、本当に幸せでした

 

「待たせたな!!」の幸せを抱いていたいと思います

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 23:19

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 23:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback